LINEモバイル

LINEモバイルへのMNPの方法とは?注意点もまとめて解説

今持っている携帯の料金プランに満足していますか?最近では、格安SIMのサービスが拡大していて、利用者も増えています。今回は、人気の格安SIMサービスであるLINEモバイルへの、MNPの制度を利用した乗り換え方法をご紹介します。合わせてMNPの手続きをする前に、しておくべきことや注意する点も詳しくまとめました。

LINEモバイルへのMNP転入

MNP転入とは

MNP転入とは、現在使っている携帯電話の電話番号を変えずに、ほかの携帯会社の契約に乗り換えることです。例えば、NTTdocomoの携帯電話を持っていて、SoftBankに乗り換える場合。通常ならNTTdocomoとの契約を解除し、新規としてSoftBankと契約し、新しい電話番号を取得する流れになります。しかし、MNPの制度を利用すると、電話番号はそのままで、契約会社だけを変えることが可能なのです。

LINEモバイルへのMNP転入

格安SIMサービスであるLINEモバイルへも、MNPの制度を利用して乗り換えをすることができます。ただ、注意しなければいけないのが手続きの方法。大手の携帯会社では、店舗に出向けばスタッフがすぐに、乗り換えの手続きをしてくれるでしょう。しかし、LINEモバイルといった格安SIMサービスへのMNPの手続きは、少し複雑で難しいという声があります。LINEモバイルへの乗り換えを検討している人は必見です。

LINEモバイルへのMNP転入の手順

MNPの予約番号の取得

次に、LINEモバイルへのMNP転入の手順をご紹介します。まず、現在利用している通信会社に問い合わせをし、MNPの予約番号を取得してください。MNP予約番号は10桁です。このとき必ず、MNP予約番号と一緒に、有効期限も確認しておいてください。有効期限が10日以上あるMNP予約番号しか使用できません。

申し込みの手続き

次に、LINEモバイルの申し込み画面を表示させ、取得したMNP予約番号を入力します。その後、SIMカードが契約者の住所に発送されるので、到着するまで待ちましょう。SIMカードが到着したら、MNP開通受付窓口に電話をします。電話で申し込みをしてから約2時間ほど待てば、LINEモバイルのSIMカードの利用が可能になるでしょう。

申し込みの際の注意点

申し込みの手続きが終わると、音声通話の利用が可能になります。データ通信の利用が可能になるまでには、さらに1時間〜2時間必要な場合があるので、しばらく待ちましょう。また、もしMNP開通受付窓口への電話を忘れてしまっていても、SIMカードが発送された翌々日の午後には、自動的に切り替えの手続きが行われるようです。

LINEモバイルにMNP転入するときの注意点

LINEモバイルが使用可能な端末を準備

LINEモバイルで携帯を使うためには、LINEモバイルのSIMに対応している端末を準備する必要があります。LINEモバイルは、NTTdocomoの回線を使用しているため、NTTdocomoの端末を持っていれば、そのまま使うことができます。SoftBankやauなど、そのほかの端末を利用する場合は、SIMロック解除の作業が必要です。この作業なしでは、LINEモバイルのSIMを使うことはできません。

キャリアメールの整理

LINEモバイルにMNP転入すると、spモード、SoftBankメール、ezWebメールといったキャリアメールは使えません。キャリアメールを使っているという人は、MNP転入する前に整理をしておく必要があるでしょう。

料金プランを把握しておく

LINEモバイルには、電話回線を使った音声通話のかけ放題プランがありません。今までと同じように通話をしてしまうと、乗り換える前より通話料金がかかってしまうということにもなります。事前にLINEモバイルの料金プランを、しっかり把握しておいてください。

MNP転入手続きで必要なもの

LINEモバイルへMNP転入手続きをする際に、必要なものがあります。初めにご紹介したMNP予約番号、免許証やパスポート類などの本人確認書類、クレジットカードなどです。これらを準備してから手続きの申し込みをしましょう。

まとめ

LINEモバイルへのMNP転入手続き方法は、知っていただけましたか?MNPの予約番号を取得したり、SIMカードの到着を待たなければいけなかったり、窓口への電話が必要だったりと、きちんと手順を踏む必要があります。ただ、申し込み自体は簡単なので、時間に余裕があるときにすると、問題なくMNP転入ができるでしょう。

LINEモバイルの公式サイトをみる