LINEモバイル

スマホ初心者にもおすすめ!LINEモバイルのプランと端末セットの特徴は

毎月の通信料の節約のため、格安スマホを検討する人が増加しています。しかし、どの会社のどのプランがいいのか、どの端末がいいのかなど、悩むことはたくさんあります。格安スマホがよくわからない、そんな人に便利なのが端末をセットで購入することです。今回は、LINEモバイルの魅力と端末セットの特徴を詳しく見ていきましょう。

端末セットでの購入をおすすめする理由

そもそも格安スマホとは?

格安スマホを提供する会社はMVNOとよばれています。MVNOとは、「仮想移動体通信事業者」を意味する名称です。自社で通信回線を持たないMVNOは、回線を借りてサービスの提供を行います。回線にかかる費用をカットしているので、格安でのサービスが実現しているのです。

初期設定などの手間が省ける

利用する会社がどこの回線を借りているかにより、使用できる端末が異なります。ドコモの回線を利用している会社ならドコモで契約したスマホ端末をそのまま利用することができます。しかし、SIMを挿入し初期設定しなくては使用できません。難しい作業ではありませんが、自分でやるのは自信がないという人も少なくないでしょう。端末セットなら、初期設定まで完了した状態で手元に届くので、不安な人でも安心して利用できます。

トラブル時の問い合わせ先が明確

MVNOの多くは店舗を持ちません。心配なのは、なんらかのトラブルがあったときです。端末の不具合なのか、それともSIMの調子が悪いのか、自分では判断できない場面も少なくありません。そんなとき、端末もSIMも同じところで購入していれば、その会社の問い合わせ先に連絡し指示を仰ぐことができるので助かります。これも端末セット購入の利点の1つです。

LINEモバイルの魅力とは

LINEモバイルの魅力、カウントフリーについて

通常、スマホの料金プランはデータ使用容量によって変わります。しかしLINEモバイルの行うサービスのカウントフリーでは、特定のアプリの利用に際しデータ使用容量を気にせず無制限で使用することができるのです。これがLINEモバイルの大きな魅力となっています。

LINEフリープランとは

LINEモバイルには2種類のプランがあります。1つ目がLINEフリープランです。1GBと使用可能なデータ容量は少ないですが、LINEカウントフリーなのがこのプランの特徴です。あまりスマホを使用しない、LINEの利用がメインという人には、お得に利用できるプランとなっています。

コミュニケーションフリープランとは

若い年代を中心に人気の高いSNSアプリといえば、Twitter、Facebook、そしてInstagramですよね。現在これらのアプリを日常的に利用している、そんな人にぴったりなのがコミュニケーションフリープランです。LINEに加えた全部で4つの人気SNSアプリが使い放題なのが大きなポイントとなっています。データ通信容量も4つから選択できるので、ある程度スマホを利用する人でも安心して利用可能です。

LINEモバイルの端末セット、おすすめ機種は?

安さを重視するならBlade E01

10,000円台に抑えたい、そんな人におすすめなのはBlade E01です。内蔵メモリが1GB、ストレージ容量は8GBとなっており、たくさんアプリをダウンロードしたい人には不向きかもしれませんが、あまり使わない、2台を持ちする、といった場合には問題なく使用できます。とりあえずスマホを使ってみたい、スマホ初心者の方にもおすすめです。

防水機能・おサイフケータイ機能がほしいならarrows

arrows M03とarrows M02は防水機能が付いているので、お風呂で使用したい人、アウトドアが好きな人でも安心です。また、おサイフケータイ機能もついているのはarrowsのみとなっています。電子マネーを利用する人にはarrowsがおすすめです。

スペックの高さを重視するならZenFone 3

LINEモバイルで取り扱いのある機種の中で機能面が充実しているのはZenFone 3です。高スペックなぶん価格も相応ですが、メモリ容量やカメラ機能など、どの機能面でも不満なく使用できる機種といえます。また、SIMカードを2つ使うことができるのもZenFone 3の特徴です。通話用とデータ通信用など、SIMを効率的に使い分けることができます。

まとめ

LINEモバイルの魅力と端末セットの特徴についてお届けしました。格安スマホに興味はあるけれど詳しく分からない、そんな人にこそ端末セットでの購入がおすすめです。よく利用するアプリがカウントフリーの対象なら、LINEモバイルも選択肢の1つに入れてみてください。自分の利用状況に合う会社を選択しましょう。

LINEモバイルの公式サイトをみる