LINEモバイル

LINEモバイルでiPhone7を使用する方法とは?

iPhone7が発売開始となりましたが、まるでiPhone7の発売に合わせたかのように、ほどなくしてLINEモバイルも正式に提供開始となりました。では、発売直後のiPhone7はLINEモバイルで使用可能なのでしょうか?LINEモバイルをiPhoneで使用する際の設定方法まで合わせて紹介していきます。

LINEモバイルでiPhone7は使用できるのか?

結論から言うと、LINEモバイルではiPhone7が使用できます。

公式サイトの動作確認端末一覧には掲載されていませんが、LINEモバイルの公式ブログでiPhone7での動作確認結果が発表されました。

そこでは、SIMフリー版のiPhone7とiPhone7 Plusの動作確認結果が報告されているほか、docomo版のiPhone7でも問題なく使用できるとのことでした。

LINEモバイルは、docomoの回線をレンタルして提供しているモバイル通信サービスです。そのため、SIMロックを解除していなくてもdocomoのスマートフォンであれば、LINEモバイルを使用できるわけですね。

ですので、docomo版のiPhone5s、iPhone6、iPhone6 Plus、iPhone6s、iPhone6s Plus、iPhone SEであれば、LINEモバイルを利用することが可能です。 iPhone7でLINEモバイルを使用するのであれば、まずAppleの公式サイトからSIMフリー版のiPhone7を購入し、それが届くタイミングに合わせてLINEモバイルに申し込むほうがベストかも。

iPhone7に関しては在庫状況によって手元に届く日にちが前後することも予想されますが、LINEモバイルに関しては、申し込んでから2〜3日後にSIMカードが手元に到着します。ですので、iPhone7が手元に届く日を確認した後に、LINEモバイルに申し込むのが得策といえます。

LINEモバイルを使ったiPhoneの設定方法

まずは事前準備として、SIMフリーのiPhoneもしくはdocomoで契約しているiPhoneとLINEモバイルで申し込んだナノSIMカードを用意します。そしてiPhoneにSIMカードを挿入しましょう。iPhoneの側面に小さい穴があります。そこに付属のSIMピンを差し、SIMトレーを取り出したら、LINEモバイルのナノSIMカードを挿入します。

iPhoneのAPN設定

スマートフォンで格安SIMを使用する場合、APN設定を行わなれければなりません。APN設定とはインターネットの接続先を指定してあげること。大手キャリアでは設定済みですが、格安SIMを使用する場合は自分で設定する必要があります。それはiPhoneでも一緒です。設定方法は、まずお手持ちのiPhoneをWi-Fiに接続します。そしてSafariを起動し、LINEモバイルの公式サイトからiPhone用の構成プロファイルをダウンロードします。 画面の指示に従ってインストールをタップし、パスコードを入力します。その後再度インストールを選択し、インストールボタン、完了ボタンの順でタップします。これで設定完了です。完了したら再起動し、iPhoneでモバイル通信行えるか、また通話できるかなどの動作を確認しましょう。なおiPhoneのOSをアップデートするとAPN設定が消えてしまう可能性があるので、その場合は再度APN設定からやり直しです。

事前に確認しよう!iPhone7とLINEモバイルの特徴

iPhone7の特徴

2016年9月発売となったiPhone7。iPhone 6sと比べるとサイズの変化はありません。ただ新色に、ジェットブラックが加わりました。またその他の特徴としては、防水機能が追加されたり、日本でおサイフケータイが使用可能となりました。モバイルSuicaがiPhoneでも使えるようになったわけです。

LINEモバイルの特徴

LINEモバイルの大きな特徴が、LINEをはじめTwitterやFacebookなど主要コミュニケーションアプリが、速度制限関係なく使い放題になった点です。データ容量の無制限プランなどは用意されていませんが、それでもこれらのアプリを頻繁に使用する人にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

まとめ

iPhone7でLINEモバイルを使用するなら、Apple Storeで購入したSIMフリーのiPhone7を使うのがおすすめです。ドコモユーザーがLINEモバイルを検討するならば、iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SEが利用可能です。まずはご自身の現在の契約などの確認を行いましょう。

LINEモバイルの公式サイトをみる