LINEモバイル

LINEモバイルは対象サービスに限り速度制限なし!特徴とは?

2016年9月5日から先行予約開始となったLINEモバイル。同時に、LINEモバイルの特徴も明らかとなりました。特に注目すべき点が、LINE・Facebook・Twitterの使い放題。これらのSNSは速度制限関係なく使うことができます。そんなLINEモバイルの使い放題対象サービスの詳細や特徴について紹介していきます。

速度制限なしで利用できるSNSとは?

LINEモバイルでは、LINEフリープランとコミュニケーションフリープランを設けています。LINEフリープランは月額500円からで、LINEは速度制限なく使用可能。データ容量は1GBまでです。つまり月に1GB以上データ容量を使い果たし速度制限がかかったとして、LINEだけはその影響を受けません。メッセージの送受信はもちろんですが、無料通話やタイムライン、さらにビデオ通話も速度制限関係なく利用することができます。普段LINEで通話する人にとっては、非常にありがたいサービスです。 もう一つのコミュニケーションフリープランは、月額1,110円からでLINE・Facebook・Twitterと、主要なSNSが使い放題となります。データ容量は3GB・5GB・7GB・10GBの3つのプランから選ぶことができ、それぞれ1,110円・1,640円・2,300円・2,640円から利用できます。LINE・Facebook・Twitterによるデータ通信は、契約時のデータ容量にカウントされないため、速度制限の影響を受けることなく使用できます。 LINEモバイルでは、契約しているデータ容量の上限を超えると、最大200kbpsに制限されます。この際、前述した対象SNSの使用に関しては、200kbpsの速度制限を受けず、通常通りの速度で使用できます。また他のMVNOと同じように、あまったデータ容量の繰り越しが翌月末まで可能。データ容量を使い切ってしまっても0.5GB(500円)、1GB(1,000円)、3GB(3,000円)で追加購入することができます。

LINEモバイルの特徴とおすすめポイント

LINEモバイルの大きな特徴が、LINE・Facebook・Twitter3つのSNSのデータ通信が、月のデータ容量にカウントされない点です。これだけ聞くと大きなメリットに思えますが、これらのSNSを使用しない人にとっては、月額料金が高く感じてしまう可能性があります。例えば、コミュニケーションフリープランの3GBに加入する場合、月額1,110円です。これに音声通話機能をつけるとなると、月額1,690円です。 この料金を、他社MVNOのDMM mobileと比較してみると、3GBの音声通話機能つきで月額1,500円です。つまり同じプランで比較するとDMM mobileの方が安いわけですね。速度制限の対象外となる3つのSNSを頻繁に利用するのであれば、LINEモバイルがおすすめですが、これらのSNSをまったく使わない人は、他社MVNOがおすすめです。

LINEモバイル限定サービスとは?

LINEの年齢認証が可能

LINEには年齢認証機能がありますが、大手キャリアで契約しているスマホを使用しているのであれば、年齢認証は難なくできます。しかし格安SIMを使用していれば、LINEの年齢認証ができません。つまり格安SIMでは、LINEのID検索ができないわけです。一方、LINEモバイルは、格安SIMでありながら年齢認証ができます。ゆえに、ID検索で友達を追加することができるわけですね。(18歳以上限定)

SMS認証せずにLINEアカウントを発行できる

LINEのアカウントを新しく発行する際は、SMS認証が必要です。SMS認証とは、自分の電話番号を通じて送られてきたSMSに、記載されている番号を入力する作業のことです。しかしLINEモバイルであれば、SMS認証なしでLINEのアカウント発行ができます。つまりSMS機能がついていないプランであっても、LINEを使用することができるわけですね。

LINEを使って、データ容量のプレゼントができる

LINEモバイルを使っているユーザーどうしであれば、LINEを使ってあなたが持っているデータ容量をプレゼントすることができます。つまり月末、あなたは高速通信できるデータ容量が残っていて、友達はデータ容量を使い果たし速度制限がかかっている場合、あなたのデータ容量を友達に送ることができます。これで無駄なくデータ容量をシェアすることができますね。

まとめ

コミュニケーションフリープランに加入すれば、LINE・Facebook・Twitterに限り速度制限を気にせず使用することができます。これにより、オンライン上のコミュニケーションがより活発になる可能性がありますね。

LINEモバイルの公式サイトをみる