LINEモバイル

LINEモバイルのSIMカードを挿した端末でテザリングをしても大丈夫?

LINEやFacebook、Twitterの通信量がカウントされないという画期的なシステムを引っさげて格安SIM業界に参入してきたLINEモバイル。しかし、使い方によってはテザリングの場合にも通信量がカウントされないということはあまり知られていないようです。

テザリングを利用してもカウントフリーは有効!

どこまで通信がカウントされないのか?

LINEモバイルと契約し、対象のサービスを利用した場合、そのサービスに関係する通信は全て通信量のカウントから除外されます。このため、LINEなどのサービスはいくら使っても通信量として数えられず、通信にかかる費用を抑えることができます。この対象はLINEモバイルの回線を利用する通信機器全てに適用されるため、モバイルルーターでテザリングを行っても問題なく適用されます。

何故LINEモバイルで通信すればカウントされなくなるのか?

厳密に調査できているわけではないのであくまで予想になってしまいますが、LINEモバイルにおける通信量のカウントフリーは、どうやら通信時にどこにつながっているかで判断しているだけのようです。そのため、パソコンやタブレットをテザリングでLINEモバイルの回線に接続すればそれだけで対象サービスがカウントフリーとなります。

ブラウザーやパソコン用アプリでも通信量がカウントされない

LINEやTwitterの場合、パソコンやスマホ用にさまざまなアプリケーションやブラウザーで利用するためのサイトなどがあります。これらを経由してLINEやTwitterを利用した場合も通信量のカウントは行われません。つまり、単純にLINEモバイルの回線さえ使っていれば、対象のサービスはほぼ間違いなく通信量としてカウントされないのです。

LINEモバイルでテザリングを行う際の注意点

SNS以外の通信は普通にカウントされることに気をつけよう。

当たり前の話ですが、LINEモバイルで通信量としてカウントされないのは対象となっている3つのサービスのみとなります。そのため、テザリングを行ったパソコンなどで動画や音楽データなどのやりとりを行うとそのままカウントされてしまいます。LINEモバイルの場合、契約している通信容量を使い切ると、その月の間は速度が最大200kbpsに制限されてしまいます。

通信が制限された時の対処法とは?

実は、データ容量がオーバーしても対象サービスに関してだけは、そのまま高速通信が行えます。ブラウジングや動画再生などでは不自由するかもしれませんが、LINEなどの利用には問題ありません。もし制限を解除したい場合は、0.5GBの追加で500円、1GBで1,000円、3GBで3,000円の料金を支払うことでデータ通信容量を追加することができます。

LINEモバイルの通信制限に引っかからないために注意すること

契約前に一ヶ月あたりの通信量を把握しておこう

LINEモバイルでは、1GBでLINEが使い放題のLINEフリープランと、3GB、5GB、7GB、10GBのプランが選べ、TwitterとFacebookも無料になるコミュニケーションフリープランの二つのプランがあります。もし契約している容量を超えてしまうと、その月は通信制限となってしまいます。追加の費用を支払うか、我慢するしかないので、契約前には一ヶ月にどの程度通信しているか調べておきましょう。

SNS用とテザリング用の格安SIMを分けておくのもアリ

LINEモバイルの場合、最低料金で各種SNSを利用するだけなら、月額1,110円から利用できます。これに音声通話をプラスしても580円が追加になるだけですので、連絡用と割り切ってしまうのもアリでしょう。テザリングを行い、動画や音楽のような大きなデータをやりとりする場合は、データ通信専用のSIMカードを別個に用意しておくと、通信制限にかかりにくくなります。

使える場所ではWi-Fiを利用する

自宅にネット回線があったり、各地のフリーWi-Fiスポットが使える状況なら、できる限りそちらを優先して利用するのも通信量を抑えるために大切な工夫となります。もちろん、他社のSIMに比べてLINEモバイルは通信量の面で有利ではありますが、使い方次第ではあっという間に上限を超えてしまいます。大きなデータを通信する際には必ず定額回線を利用してWi-Fi経由でやりとりするようにしましょう。

まとめ

LINEモバイルを利用したテザリングでは、対象となっているサービスの通信は全てカウントフリーとなります。そのため、日常の通信がほぼこれらのサービスに集中している方ならもっとも安いプランでも十分利用できるでしょう。ただ、それ以外の通信はカウントされてしまいますので、使いすぎないように注意しましょう。

LINEモバイルの公式サイトをみる