楽天モバイル

世界とつながる、安くなる!楽天モバイル海外SIM

海外でスマートフォンを国内仕様のまま使用すると、料金が高くなります。そこで、楽天の海外SIMを利用すると、海外旅行先や出張先でも割安でネットと通話ができるのです。楽天モバイル海外SIMにより、世界180カ国以上で、データ通信料や通話料の節約が可能になりました。カスタマーサポートは、日本語でしっかり対応してくれます。

楽天モバイルの海外SIMとはどんなサービス?

利用方法は簡単!

海外SIMは、SIMフリースマホのSIMカードを海外SIMに差し替えるだけだから、とても簡単!Wi-Fiルーターはもちろん必要ありません。SIMを店頭またはネットで購入→楽天IDと連携→初期設定が完了したら、利用可能です。「地域別パック」、「クレジット購入」の2種類から選べます。アプリをダウンロードすると、初期設定からアクティベーション、地域パック、クレジットの購入ができて便利です。

携帯の番号はどうなるの?

普段使っている携帯番号をそのまま海外でも使えます。日本から受信するためには、日本番号を購入し普段使っている携帯電話各社で転送設定をしておきましょう。日本番号を購入しなくても受信できますが、国際電話料金がかかります。

楽天モバイルの海外SIMを使うと費用はどのくらい?

初期費用として

SIMカード代金が3,000円(税別)(購入時の特典:30MBチャージ込み)、地域別パックまたはクレジットの購入が必要な費用です。地域別パックがお得ですが、短時間しか使わない方、または、地域別パックの対象地域に含まれていない国の場合はクレジットを購入できます。地域別パックは、日本人渡航者がよく訪れる国の90%以上が対象となっています。

地域別パック:データ通信

渡航先で必要なデータ容量を事前に購入するお得なパックです。
・ヨーロッパ:50MB/820円、200MB/1,930円、500MB/3,850円
・北アメリカ:50MB/880円、200MB/2,040円、500MB/4,240円
・アジア:50MB/1,040円、200MB/2,310円、500MB:4,950円
※有効期限は、50MBが7日間で200MBと500MBが30日間です。

地域別パック:通話+SMS

・ヨーロッパ:通話100分SMS100通/3,190円、通話300分SMS300通/7,150円
・北アメリカ:通話100分SMS100通/4,290円、通話300分SMS300通/9,680円
・アジア:通話100分SMS100通/4,070円、通話300分SMS300通/9,020円
※有効期限は、通話100分SMS100通が7日間、通話300分SMS300通が30日間です。

クレジットの購入

地域別パック対象の地域に含まれない国、または短時間だけ使う方はクレジットを購入できます。クレジットでは利用地域のZone(1~7)、使用目的(データ、SMS、通話)により料金が異なります。例えば、フランス、ドイツなどZone1では、通話は受信が12円/1分、発信が45円/1分。クレジットは、1,000円、3,000円、5,000円、10,000円単位から購入、利用時間で課金される従量課金制です。

楽天モバイル海外SIMを利用する際に注意することは?

SIMフリーの端末か、またはSIMロックが解除されているか?

楽天のSIMカードを使用するので、SIMロックされている端末を使用することはできません。大手キャリアで契約している方は、SIMロックを解除する必要があります。たとえばスマートフォンがドコモなら、ドコモのSIMカードしか使えないため、SIMロックを事前に解除して、ドコモ以外のSIMを使用できるようにしなければなりません。

スマートフォンが渡航先の国に対応しているか?

SIMカードを購入する前に、自分のスマートフォンが旅行先の国の通信規格に対応しているかを確認しておきましょう。楽天モバイル海外SIMは、日本人がよく訪れる国々が対象となっていますが、念のために、「楽天モバイル海外SIM対象国」に入っていることをチェックしておくと安心ですね。

まとめ

格安SIMで携帯通信料は安くなりましたが、以前は海外で使う際にデータ通信ができなかったため、キャリアの海外パケ放題などの割高なサービスを利用するか、または現地でレンタルのスマホを持つ必要がありました。しかし、楽天モバイルの海外SIMの場合、SIMを差し替えれば海外でも自分のスマホで割安でデータ通信できるのですから、便利になりましたね。