LINEモバイル

LINEモバイルで端末セット購入可能な機種をまとめて紹介!

LINEモバイルでは、SIMカードの契約だけでなく、端末の同時購入も可能です。リーズナブルなものから、さまざまな種類のスマホ、そしてタブレットも対象です。LINEモバイルサービス開始時には、7種類のスマホと1種類のタブレットが端末セットの取扱機種として発表されました。それぞれの機種を簡単にみてみましょう。

できるだけ費用を抑えて端末が欲しい!1万円台の機種

最安!ZTEのエントリーモデル「BLADE E01」

LINEモバイルでは価格重視から最新の機能重視まで幅広いスマホを取扱いますが、その中でもコスパに優れたモデルが、この「BLADE E01」です。低価格でありながら画面は5インチ、クアッドコア搭載で動作もスムーズなので、スマホが初めての人やLINEを中心に使うといった人に向いています。
BLADE E01:端末セット販売価格 13,800円

エントリーラインながら実力あり!「ZenFone GO」

これからどんどんスマホを使っていきたいが、初期費用を抑えたいという人におすすめなのが、ASUSの「ZenFone GO」です。5.5型の大画面、クアッドコア、2GBメモリなど上位機種にもスペックで引けをとりません。また、3,010mAという大容量バッテリーを搭載しているので、1日中スマホを使ってしまうというヘビーユーザーにもおすすめです。
ZenFone GO:端末セット販売価格 19,800円

バランスのよい2万円台の海外製SIMフリースマホ

指紋認証を備えた「BLADE V7 Lite」

ZTEの「BLADE V7 Lite」は背面指紋認証を搭載したほか、ジェスチャーで多くの機能を制御できる、操作性に優れたUIを持つモデルです。この価格帯ながら金属製のボディでシンプルで高級感があります。CPUはミドルクラスで、ゲームなどよりも実用性に重きを置いたモデルです。
BLADE V7 Lite:端末セット販売価格 22,800円

価格以上の高機能モデル「P9 lite」

コスパが高いことでも知られているHuawaiからは「P9 lite」が取扱に入りました。モデルチェンジしたばかりの最新機種で、背面指紋認証を搭載、バッテリー容量アップで使いやすい端末です。この価格帯では珍しい、オクタコア搭載で動作もスムーズです。SONY製IMX214イメージセンサーを搭載したカメラはミドルクラス機種の中では一歩抜きに出ています。
HUAWEI P9 lite:端末セット販売価格 28,800円

国産SIMフリースマホやタブレットにも対応

富士通「arrows M02」「arrows M03」

LINEモバイルでは国産SIMフリースマホを3機種取り扱っています。富士通の「arrows M02」は国産SIMフリーの定番機種です。おサイフケータイや防水などこれまでキャリアで利用してきたサービスへの対応も多く、キャリアからの乗換の人にも使いやすいでしょう。M03はM02の後継機種となり、カメラの性能アップやワンセグの機能が追加されています。
arrows M02:端末セット販売価格 29,800円
arrows M03:端末セット販売価格 32,800円

最新コンパクト機種「AQUOS mini SH-M03」

また、SHARPの新機種、「AQUOS mini SH-M03」はコンパクトで高性能なのが特徴です。ワンセグ、おサイフケータイ、防水にも対応、カメラの性能も申し分ありません。コンパクトモデルながら、ヘキサコア搭載、またフルHDに対応した美しい画面が特徴です。
AQUOS mini SH-M03:端末セット販売価格 19,800円

タブレット端末とのセットも!「ZenPad 7.0」

また、LINEモバイルでは、スマホだけでなくタブレットの端末セットも用意されています。今回取扱が発表されたのは、ASUS ZenPad 7.0です。7.0インチと持ち運びもしやすい大きさのAndroidタブレットでありながら、高性能なカメラと5.1chのサラウンドシステムも楽しめる、初めてタブレットを使うという人にもぴったりの端末です。
ZenPad 7.0:端末セット販売価格 23,800円

まとめ

LINEモバイルは端末をセット購入すると、SIMを挿入するだけで難しい設定を行わずに使いはじめることができます。端末代金の分割支払などには対応していませんが、低価格帯から端末が揃っているため、初めてスマホを使う人にも気軽に購入できるでしょう。

LINEモバイルの公式サイトをみる