LINEモバイル

LINEモバイルで利用できるオプションにはどんなものがある?

LINEモバイルはLINEなどのデータ通信だけでなく、音声契約を追加してキャリアのスマホと同様に利用できます。しかし、格安SIMの場合、各種オプションサービスの提供状況はまちまちです。今回は、LINEモバイルで利用できるオプションについて調べました。

LINEモバイルは格安ながら基本的なオプションを網羅

格安SIMながら通話関連オプションは定番サービスに対応

格安SIMの中には、データ通信がメインで通話はあまり重要視されていない会社もあり、キャリアと同様に使えるといえない場合もあります。しかし、LINEモバイルは定額でありながら、キャリアが提供している基本的な通話関連のオプションサービスには対応しています。料金プランと同様、オプションについてもシンプルな構成で、契約時や利用時に混乱してしまうこともありません。

LINEモバイルで利用できる通話関連オプション

LINEモバイルの通話関連オプションとして契約可能なサービスは、留守番電話(月額300円)、割込通話(月額200円)、転送電話、国際電話、国際ローミングの5つです。利用料金については、他のキャリアやMVNO並の価格設定です。必要なサービスだけがシンプルに提供されているため、スマホやMVNOが初めての人でも安心でしょう。

オプションの選択は契約時、契約後マイページからのどちらも可能

オプションの契約は、契約時に選択することも、利用開始後にマイページから追加することも可能です。国際電話や国際ローミングは無料ですが、オプション扱いになっています。利用する予定に合わせて選択しておくと、間違って発信してしまうといったトラブルなどを防げます。オプションが不要になった際には、マイページから簡単に手続が可能です。

お子さまの利用にも安心のフィルタリングサービス

フィルタリングアプリ「i-フィルター」が無料で使える

家族全員でスマホを使っているが、子供がトラブルに巻き込まれたりしないだろうか、と不安を感じている人も多いでしょう。LINEモバイルではお子さまの利用を想定し、フィルタリングサービスを無料で利用できます。詐欺サイトや有害サイトなどへのアクセスを、自動的に遮断してくれますので安心です。お子さまのスマホの使用時間を制限することもできます。フィルタリングサービスは各社有料オプション設定が多い中、LINEモバイルではフィルタリングアプリ「i-フィルター」が無料で提供されています。

フィルタリングアプリ「i-フィルター」を利用するには?

フィルタリングアプリ「i-フィルター」は自動適用ではありません。利用するには、契約時もしくはマイページからアプリ利用を申し込む必要があります。申込を行うと、アプリを使用する際に必要なアプリコードが提供されます。「i-フィルター」をダウンロードしてインストールし、アプリを起動した際提供されたアプリコードを入力すると利用できるようになります。

ここに注意!LINEモバイルで提供されていないオプションは?

端末補償オプションが用意されていない

端末の破損や水没時に同一スマホを提供してくれる便利な端末補償ですが、LINEモバイルは他のキャリアや一部MVNOが提供している端末補償サービスの提供は行っていません。SIMの契約と同時に端末を購入することはできますが、端末に関しては量販店などで購入した場合と同様のメーカー保証のみとなります。また、代替機の貸出なども行われていません。

かけ放題などの通話系オプションにも未対応

また、近頃格安SIMでも導入が増えつつある、通話かけ放題系のオプションもLINEモバイルにはありません。たくさん音声通話をする場合のメリットはLINEモバイルには特に感じられません。しかし、LINEモバイルを検討している人の場合、やはりアプリのLINE利用者が多いでしょう。LINEモバイルでは、LINEアプリによる通話の場合データ通信量を消費しませんので、こちらは思う存分使えます。LINEを上手に活用する人向けの格安SIMといえるでしょう。

まとめ

LINEモバイルは、コンテンツ関連やサポート関連のオプションは提供されていませんが、留守番電話などスマホを使うにあたっての基本的なオプションサービスにはきちんと対応しています。また、お子さまにも安心なフィルタリングサービスが無料というのは大きなアドバンテージでしょう。シンプルに皆がスマホを楽しむためのサービスともいえます。

LINEモバイルの公式サイトをみる