楽天モバイル

1日20円以下!?楽天モバイルの料金をシミュレーションしてみよう

大手キャリアに比べ、シンプルなプランで料金が安い格安SIM業界。しかし、どこも似たような価格設定のため、迷っている方も多いのではないでしょうか。使い方は人それぞれですから、シミュレーションをすることで参考になります。今回は、楽天が提供している格安SIM「楽天モバイル」の料金について、シミュレーションしてみましょう。

まずは自分のスタイルを見極めよう

最適なプランの診断

料金シミュレーションに欠かせない情報が「自分の利用スタイル」です。携帯電話として通話の利用するかどうか、SMSを利用するかどうか、一ヶ月の間にどれくらいパケット通信を行うか、を答えられるようにしましょう。そうすることで最適なプランが診断でき、より詳細なシミュレーションが可能です。 例えば、動画をよく見る人なら、パケット通信料を容量多く対応可能なプランを選ぶべきですし、家族との電話による連絡のみという方でしたら、一番低い金額のプランでも、十分に活用できるでしょう。

番号を利用しての通話は行う?

通話SIMを選ぶかどうか

スマホなどの携帯端末では、通話できるのが当たり前だと思っていませんか?実はそうではありません。電話番号を取得して通話を行うのと、インターネットの利用は別々です。通話をするかしないかでかなり金額も変わってくるので、慎重に考えましょう。

メインに利用している電話が他にあるかどうか

会員登録などでは電話番号入力が必須なことが多いので、この時に入力できる番号が存在しなければ困ります。しかし、例えば家に固定電話があり、個人情報の登録をする時は基本的にその番号で、外出先で通話することもほとんどないといった場合は、通話SIMなしでも問題ないでしょう。また、メインの携帯端末を既に持っていて、端末契約が2台目以降といった場合も同様です。

通話アプリでしか話さない

通話はするがLINEやSkypeなどの通話アプリを使ったボイスチャットしかしないケースもこれに該当。実はこのような通話は、番号を利用した通話ではなく、インターネットの利用(パケット通信)に当たるため、通話SIMが無くても話せるのです。

緊急用に一台は所持しておきたいところ

「もしもの時」などを考えると、番号で電話できる携帯端末は、せめて一台は所持しておきたいところですね。お店と連絡する時などは番号が必要な時も多いでしょうから、使いたい時に公衆電話を探すのは大変です。特に通話アプリは、相手がアプリを起動していないとできませんし、ガラケーユーザーからはかけられません。緊急時にも電話番号で発信、受信ができるようにしておくことで、大きなリスクを回避できます。

SMSを利用する?

SMSとは?

SMSとは、ショートメッセージサービスのこと。auではCメールとも呼ばれます。メールアドレスは使わず、電話番号を使ってテキストメッセージをやり取りできるサービスです。一般的なメール送信よりも気軽なため、通話ができない時などの連絡手段として利用されます。

人によっては使わない

このサービスも、LINEやSkypeがあれば代用が利くため、中には「全く使わない」という方もいらっしゃるでしょう。SMSありかなしかでそこまで価格は変わりませんが、じっくり考えて利用の有無を決めてください。ちなみに、通話SIMを利用すればSMSは自動的に利用可能です。

一ヶ月のパケット通信量は?

一ヶ月どれくらいインターネットをするか

プランを選ぶ上で最も重要なのがこの、一ヶ月のパケット通信量です。ほとんど利用しない人もいれば、10GBあっても足りないという人もいるでしょう。通勤・通学時間が長かったり、家にWiFiが設置されていなかったりなど、利用環境は人それぞれです。楽天モバイルの場合だと、0GBプラン、5GBプラン、10GBプランとあるので、自分に合ったプランを選択しましょう。

プランの数値を超えると

例えば5GBプランで利用していて、月の途中で5GBを超えたとします。すると、いわゆる高速通信ができなくなるので、通信速度が落ちるだけでパケット通信自体は可能です。動画などの再生は難しくなりますが、テキストメッセージ程度なら問題なく利用できます。つまり0GBのプラン(楽天モバイルのベーシックプラン)は、言い換えると高速通信なしのプランだということです。

通信量の目安

「通信量で聞かれてもよく分からない」という方のために、目安としてサンプルをご紹介しましょう。例えば5GBというのは、具体的にはどれくらいの通信頻度なのかというと、ウェブサイトなら約3,000ページ、動画なら約6時間分です。こうして見ると少ないように感じますが、LINEなら約250万メッセージになるので、チャット中心で動画は見ないという方には充分でしょう。

WiFi通信は含まれない

家やお店で利用できるWiFiは、通信元が異なるのでパケット通信には含まれません。つまり、スマホの利用時間が長くても、ほとんどWiFiでの利用だという人ならば、通信量が少ないプランでも問題ないということです。

まとめ

以上を踏まえて、楽天モバイルのプランからしてみましょう。最安のベーシックプランSMS無しだと月額525円なので、一日当たり約17.5円。これが10GBプランの通話SIMになると、月額2,960円となるため、一日当たりは約99円です。ご契約後のプラン変更も可能なので、色々なパターンでシミュレーションしてみましょう。