IIJmio

IIJmioの特徴と評判・評価、申込方法を徹底解説!

「IIJmio」はNTT系となるインターネットイニシアティブが運営する格安SIMです。

格安SIM業界の中でも老舗のMVNOで高い通信技術やノウハウをもっていることが特長で、MVNEとして他社に回線提供もしています。

ドコモ回線とau回線が利用できる数少ないマルチキャリア対応のMVNOでもあります。

この記事では、IIJmioの評価や評判、申し込み方法についてまとめました。

公式サイト:IIJmio

IIJmioとは?

IIJmioは、MVNO業界でも高い通信技術を持つインターネットイニシアティブが運営する格安SIMです。老舗的な存在かつ巨大企業であり、契約者数の数も業界でTOP3に入るほど人気です。

ドコモ回線のタイプDとau回線のタイプAの両方が利用できるマルチキャリア対応の格安SIMです。MVNOの中ではマルチキャリア対応であることは数少ないので、貴重な存在といえます。

両方の回線が利用できるので、利用している通信環境に応じて最適な通信回線を選べます。例えばドコモ回線の方が電波状況が良い、au回線の方が電波状況が良いといった状況におうじた選択が可能です。

ほかにも家族でまとめて利用したい場合や、複数端末で利用したい場合に、ドコモ回線とau回線とグループ内で混ざっていても同じ契約としてまとめることができます。

またSIMロック端末を利用したいときにもマルチキャリア対応は非常に有益です。

ドコモやauからIIJmioへのりかえを検討している人の中には、今大手キャリアで使っている端末をそのまま使えれば良いですよね。

ドコモやauで購入した端末についてはそれぞれの大手キャリアでの「SIMロック」と呼ばれる鍵のようなものがかけられています。SIMロックがかかっていると、そのキャリア以外の通信回線を利用したSIMカードを挿入しても使えません。

格安SIMはドコモ回線を利用した端末が非常に多いので、auのSIMロックがかかっている端末の場合は他社では使えないことが多いのです。

IIJmioならau端末にも対応したタイプAが提供されているので、auのSIMロックがかかった端末でもそのまま利用できる場合が多いです。新しく端末を購入する必要無く、今使っている端末をそのまま使えるので、初期費用を大きく抑えることが可能です。

家族向けや複数端末を利用しているユーザーには、ファミリーシェアプランがオススメ。

追加できるSIMカードは最大10枚まで追加可能。データオプションとして20GBや30GBへ増量することもできるので、家族全員でIIJmioの大容量データを分け合って無駄なく使うという効率的な利用方法といえるでしょう。

格安SIMでは多くの場合、家族通話でも通話料が通常通り30秒/20円で発生しますが、IIJmioでは家族通話向けに、通話料が最大60%OFFになるサービスもあります。

その他、低速通信時にもバースト機能を搭載しているなど、ユーザーが使いやすくなる機能を多く提供しています。

IIJmioの公式サイトをみる

IIJmioの料金プランは?

では、IIJmio料金プランをチェックしてみましょう。

回線
タイプ
プラン名 データ
容量
SIMタイプ別の月額料金
データ専用
SIM
SMS機能付き
SIM
音声通話
機能付き
SIM
タイプD
(ドコモ回線)
ミニマム
スタート
プラン
3GB 900円 1,040円 1,600円
ライト
スタート
プラン
6GB 1,520円 1,660円 2,220円
ファミリー
シェア
プラン
10GB 2,560円 2,700円 3,260円
タイプA
(au回線)
ミニマム
スタート
プラン
3GB 提供なし 900円 1,600円
ライト
スタート
プラン
6GB 提供なし 1,520円 2,220円
ファミリー
シェア
プラン
10GB 提供なし 2,560円 3,260円

※ファミリーシェアプランは最大10枚までSIM追加可能(4枚目以降400円/1枚)

IIJmioはドコモ回線を使用したタイプDと、au回線を使用したタイプAの料金プランが提供されています。

タイプDの場合は全てのSIMタイプを選択することができ、データ通信専用SIM、SMS機能付きSIM、音声通話機能付きSIMの3種類から選べます。

選べるデータ容量もシンプルで基本プランで3GB・6GB・10GBの3種類から選ぶことになります。選択肢が少ない分、迷う必要がないので簡単です。

最安値のプランはミニマムスタートプランでデータ容量は3GB、データ通信専用SIMなら月額900円で利用可能です。音声通話機能付きSIMにした場合でも月額1,600円。3GBのデータ容量を使うことができながら、料金はコレだけ安いので大手キャリアと比べると相当お得な値段で通信維持できます。

au回線を利用したタイプAを選択する場合は、データ通信SIMの提供はなく、SMS機能付きSIMから選択できます。ただし、価格設定をみると、タイプDのデータ通信専用SIMと同じ価格。つまり、タイプDとタイプAを比較すると、同じ値段でタイプAならSMS機能も使えるSIMを利用できるということになります。ちょっぴりお得ですね。

IIJmioは複数SIMでのデータ容量シェアも手厚い対応です。データ容量が3GBのミニマムスタートプラン、6GBのライトスタートプランならSIMカード2枚まで、ファミリーシェアプランならSIMカード10枚まで追加が可能。とってもパワフルです。

家族全員で複数端末で一つのデータ容量を分け合って使用できるということもできます。

さらに10GBでは足りないということであれば、月額3,100円で20GB、月額5,000円で30GBにデータ容量を増量することもできます。

IIJmioならではの特長として、タイプDとタイプAでは通信回線がドコモとauで異なりますが、この両者の間で使っている複数SIMの間でもデータ容量を分け合うことができます。

例えば1台がタイプA、1台がタイプDで使ってる2回線があったとして、ファミリーシェアプランの10GBを分け合って使用できるということです。

異なる通信回線同士でもデータ容量を分け合えるのはIIJmioのマルチキャリア対応ならではのサービスです。

その他、IIJmioでの細かな料金設定は以下のとおりです。

通話料金 30秒/20円 回線種類 ドコモ回線/au回線
SMS月額料金 タイプA:無料
タイプD:140円
SMS受信料 無料
SMS送信料 国内へ送信:
3円〜30円/通
海外へ送信:
50円〜500円/通
(タイプD、タイプA共通)
セット端末 取り扱いあり
データ通信量の
翌月繰越
あり データ
容量
(クーポン)の
追加
200円/100MB
※毎月最大30枚まで

【データオプション】
20GB 3,100円
30GB 5,000円
初期契約手数料 3,000円 SIMカード
発行手数料
400円
(追加SIMのみ)
回線プラン変更
(タイプA-
タイプD)
2,000円 タイプ変更 2,000円
解約手数料 音声通話機能付きSIM:
[(12ヶ月−契約月数)×1,000円]
最大12,000円
MNP
転出手数料
3,000円
SIMカード
サイズ変更
2,000円 オプションあり オプションあり
050IP電話 なし 通話かけ放題 誰とでも3分&家族と10分
:600円
誰とでも10分&家族と30分
:830円
セキュリティ
対策
オプションあり(有料) テザリング
(一部機種で使用不可)
通信速度制限 ・タイプAのみ、クーポン利用に関わらず3日間で6GB超過すると速度制限
・クーポンOFF(低速通信)時:3日間で366MB超過すると速度制限
(数値非公開)

IIJmioは格安SIMということもあり、音声通話SIMユーザーが、携帯電話番号を利ようした音声通話を利用すると30秒20円という高い通話料金が設定されています。

音声通話利用が多い人は通話かけ放題オプションに加入することをオススメします。

IIJmioではかけ放題オプションが2種類あり、誰とでも3分かけ放題+家族と10分かけ放題なら月額600円、誰とでも10分かけ放題+家族と30分かけ放題なら月額830円で利用できます。

他社でも3分かけ放題や10分かけ放題といったサービスは提供していますが、家族とのかけ放題時間が増えるようなオプションは提供しておらず、IIJmioだけの通話オプションです。

IIJmioの公式サイトをみる

IIJmioのおすすめポイント

IIJmioの料金について解説したところで、ここからはIIJmioの様々なおすすめポイントについて紹介します。

ドコモ回線とau回線を両方使える数少ないMVNO

格安SIMを取り扱っている他社MVNOは、大半がドコモ回線の設備を借りて運営しているドコモ系MVNOです。IIJmioを含む数社など一部のMVNOは、au回線を利用しているau系MVNOもあります。

IIJmioの一番の特長は、ドコモ回線(タイプD)とau回線(タイプA)の双方が利用可能なマルチキャリア対応という点です。

これにより、手持ち端末の対応状況や使用環境での通信状況を考慮して、好みのキャリアを選ぶことが可能です。

複数SIMの場合、タイプDとタイプAの間でデータ容量を分け合える

IIJmioでは、ドコモ回線のタイプDとau回線のタイプAが提供されていますが、複数SIMを所持している場合、タイプDとタイプAの間でデータ容量をシェアすることが可能です。

例えば、ファミリーシェアプランに加入していて、au回線のタイプAを利用する人と、ドコモ回線のタイプDを利用する人がいるというように家族内で分かれていたとしても、データ容量自体は分け合うことができるので便利です。

タイプDとタイプAというと、そもそも使用する通信回線自体が異なるので、双方の間に壁が存在するように思いがちですが、IIJmioが提供しているので、このような双方間で行えるメリットもあります。

ファミリーシェアプランなら最大10枚までSIMを追加可能

IIJmioは家族でスマホ利用されている方にぜひオススメしたい格安SIMです。

ファミリーシェアプランであれば、最大10枚までSIMを追加できます。つまり、家族全員でIIJmioに移行したとしても、1本の契約で全員分の契約を行うことが可能。

ユーザーごとに契約を結ぶような必要もないので、煩雑にならず、スッキリと利用できます。

さらに、ファミリーシェアプランにといては、SIM発行3枚目までは無料となっています。

SIM発行手数料2,000円がかかるのは、4枚目移行のSIMを発行した場合となります。

(ミニマムスタートプランやライトスタートプランの場合は2枚目から有料)

家族全員分のスマホのSIMやサブ機のタブレット等も含め、SIM最大10枚という枚数は、相当な範囲をカバーすることできますね。

通話が多いユーザーもお得に使える「みおふぉんダイアル」

冒頭でも紹介していますが、みおふぉんダイアルを使用すると通話料金が通常30秒20円のところ、50%OFFで半額の30秒10円で利用することができます。専用アプリからの発信で、音声通話回線を使用するのでIP電話のように音質が劣化することはありません。

さらに、家族間で通話利用する場合は割引き率が増加し、60%OFFの30秒8円で利用できます。

みおふぉんダイアルは申込みの必要も特になく導入も簡単。みおふぉんダイアルというアプリをApp StoreやGoogle Playからダウンロードしてインストールするだけ。

アプリを開いて発信すればすぐに半額での通話利用を始めることができます。

このような導入の簡単さもまた魅力ですね。

みおふぉんダイアルの「通話定額オプション」は家族利用ならさらにお得

電話の頻度が多いユーザーには「通話定額オプション」がオススメです。

アプリから発信して通話料金がお得になるみおふぉんダイアルには、通話定額オプションがあります。

その中身を見てみると、月額600円の「誰とでも3分&家族と10分月額830円の「誰とでも5分&家族と30分2つのメニューが用意されています。

「誰とでも3分&家族と10分」なら、3分以内の通話なら相手を問わず何回でもかけ放題となります。さらに家族間通話であれば10分間まで時間枠が拡大します。

また、「誰とでも5分&家族と30分」なら、5分以内の通話なら相手を問わず何回でもかけ放題。さらに家族間通話であれば最大30分間まで通話ができます。家族の間で長時間の通話を頻繁に利用するユーザーにとっては、通話料を大きく節約することができるとてもお得なオプションです。

回線品質が高い安定した通信環境

IIJmioは、高いサービス品質と料金バランスに優れた格安SIMのパイオニア的な存在。常に格安SIM業界をリードしてきたノウハウや技術力に長けています。

通信技術の高いIIJmioの通信網は回線品質が高く安定した環境になっています。

決して通信速度が驚く程はやいというわけではないですが、速度ムラやつながりにくいといった症状が少なく、幅広い範囲で安定して通信利用することが可能。設備投資を続けるIIJmioの恩恵をユーザーは十分に感じることができます。

クーポンの切り替えでデータ容量を節約できる

高速通信を利用することをIIJmioではクーポンと呼びます。クーポンをONにした状態にすると高速通信を利用することができ、クーポンをOFFにすると、最大200kbpsの低速通信に制限されます。

このクーポンをOFFにした場合、最大200kbpsという速度制限が実施されますが、月間のデータ容量については使用されません。

つまり、クーポンのON/OFF切り替えにより月間のデータ容量を節約することが可能となります。

低速通信時でもバースト機能で快適に

月間データ容量を節約できるクーポンの切り換え機能。

IIJmioの低速通信には「バースト機能」を搭載しています。

これは、読み込み開始から少しの間は高速通信で一気に読み込む機能です。

その後は低速通信になりますが、読み込み開始から一定時間は高速通信状態でパケットが流れるため、データ量の少ないWEBサイトの閲覧やメール、SNSメッセージの確認などはストレスなく行えます。

パケットの翌月繰り越しに対応している

毎月のデータ通信量は、翌月にそのまま繰り越され翌月末まで使用できます。さらに翌月は、繰り越されたデータ通信量から優先的に消費されるので、データ通信量を余すこと無く無駄なく使用することが可能です。

タイプDでは3日間連続使用による通信速度制限がない

データ通信の連続使用による通信速度制限の実施は、MVNO他社では設定されている場合が多いですが、IIJmioのタイプDの場合は、データ通信の連続使用による通信速度制限は一切ありません。

3日間でデータ通信量が●●GBを超えると200kbpsに制限され低速通信になるような制限を受けません。実質使い放題なので安心して利用できます。

ドコモ版・au版のSIMロック端末でもそのまま使える

大手キャリアで使っている端末は、キャリアごとにSIMロックと呼ばれる鍵のようなものがかけられています。

通常、SIMロックがかかった端末を他社通信回線で利用したい場合には、端末のSIMロックを解除する必要がでてきます。

前述のとおり、IIJmioはドコモ回線・au回線を利用したマルチキャリア対応のMVNOなので、ドコモ版のSIMロックあるいはau版のSIMロックがかかった端末であっても、そのままSIMを差し替えるだけで使用可能です。

ドコモ・au各キャリアのSIMロックがかかった端末が使えるかどうかは、以下のIIJmio公式ページで事前によく確認してください。

【IIJmio公式】動作確認済み端末一覧

つながる端末保証オプションで自己所有端末でも保証可

IIJmioでは端末保証のオプションサービスが取り扱いされています。

「つながる端末保証」では、IIJmio端末を対象に月額500円で落下・水没・破損等の故障時に修理・交換といった端末保証してくれます。修理の場合は無料、交換の場合は別途免責額(1回目:4,000円、2回目:8,000円)が必要です。

つながる端末保証は、iPhoneももちろん対応しています。

購入後1年過ぎた端末であっても保証してくれるので、長年使用している持ち込み端末であっても安心して利用することができます。

IIJmioの公式サイトをみる

IIJmioの申し込み方法

IIJmioを契約するには、インターネットで申し込む方法と、店頭や通販のパッケージSIMを購入して申し込む方法があります。

オススメの方法はいつでもどこでも可能な「IIJmio公式サイト」より申し込む方法です。

今回はIIJmio公式サイトでの申し込みを解説します。

IIJmio公式サイトから申し込み

まずは、IIJmio公式サイトヘアクセスします。トップページ中段ほどにある「ご購入・お申し込み」をします。

続いて、「mio会員登録・お申し込み」をタップします。

申し込み前の確認事項が表示されるので確認します。

確認したら「同意する」にチェックを入れ、「次へ」をタップします。

パッケージを所持していない場合は「パッケージをお持ちでない方」、通販等で既にパッケージを持っている場合は「パッケージをご購入済みの方」にチェックを入れて「次へ」をタップします。

通信サービス選択

端末同時購入かSIMのみの購入かを選択します。今回例ではSIMのみの購入です。

選択したら「次へ」をタップします。

続いて、回線タイプを選びます。

ドコモ回線を利用する場合は「タイプD」、au回線を使用する場合は「タイプA」を選択します。

SIMサイズ・プランの選択

端末によって、SIMカードのサイズは「nanoSIM」「microSIM」「標準SIM」と3サイズのいずれかに対応しています。手持ち端末のSIMカードサイズをよく確認しておきましょう。

SIMサイズがよくわからないという場合は、IIJmio公式ページの「動作確認済み端末一覧」から対応しているSIMサイズを確認しましょう。

続いて、データ通信容量を3GB、8GB、10GBの3種類から選択します。複数枚のSIMカードでデータ容量をシェアした場合は、10GBのファミリーシェアプランにしましょう。

オプションの選択

続いてオプションの選択をします。

セキュリティー対策のオプションや端末保証など希望があるようでれあれば、チェックを入れて申し込みます。

選択したら「次へ」をタップします。

契約者情報・支払い情報の入力

続いて契約者情報の入力となります。

SIM契約者の氏名・住所・電話番号・生年月日といった契約者情報を入力します。

続いてIIJmioの料金支払いに使用する契約者本人名義のクレジットカード情報を間違いのないように入力します。

メールアドレスの登録・認証

メールアドレスの登録を行います。PCメールを受信できる有効なメールアドレスを入力後、「認証コードをメール送信」をタップします。

少しすると、IIJmioから認証コードが記載されたメールを受信します。コードを確認後、先ほどの申し込み画面に戻り、指定された確認コードを入力します。

入力が完了したら「次へ」をタップします。

申し込み内容の確認

SIMカードの利用者情報を登録したら「次へ」をタップします。

続いて、これまで入力した申し込み内容が表示されるので間違いがないか確認します。

申し込み時の確認事項に全てチェックを入れ、「この内容で申し込む」をタップします。

これで申し込み完了となります。

申し込み完了画面は大切なので、スクリーンショットをとるか印刷することをオススメします。

IIJmioの公式サイトをみる

まとめ

IIJmioは、 ドコモ回線とau回線に対応したマルチキャリア対応の格安SIMです。通信環境も安定していて極端に偏ることなく、いつでも安定した状態で利用できます。

料金プランは最大10枚までのSIMカードが契約できるファミリーシェアプランを始めとして、家族間利用や複数端末を使いたい場合に強みを持っています。

家族間通話は最大60%OFF、さらに通話定額オプションでは家族のみ10分・30分までかけ放題時間が延長されます。

10GBのプランに大容量オプション20GB・30GBを設定して、10枚のSIMカードで分け合うこともできます。

家族全員で格安SIMへ移行したい、複数の端末を持っていて格安料金で運用したいというようなユーザーにはIIJmioはぜひともオススメです!

IIJmioの公式サイトをみる