OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEの特徴と評判・評価、申込方法を徹底解説!

「OCN モバイル ONE」は、インターネットプロバイダでOCNブランドを展開するNTTコミュニケーションズが運営する格安SIMです。

日本全国の通信回線網を担うNTTの子会社であるNTTコミュニケーションズが運営しているということもあり、格安SIMの中でも非常に人気が高く、業界ではTOP3に入る契約数です。

この記事では、OCN モバイル ONEの評価・評判や申し込み方法について解説します。

公式サイト:OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEとは?

「OCN モバイル ONE」は、NTTKコミュニケーションズが運営する格安SIMです。NTTコミュニケーションズはNTTの子会社であり、日本の通信網を担う一大企業です。

すでに、インターネット接続サービスのプロバイダとして「OCN」ブランドを展開していることはご存知かと思います。そのOCNブランドの格安SIMサービスが「OCN モバイル ONE」です。

大手企業ということだけあり、OCN モバイル ONEは人気が高く、格安SIM全体の中の契約者数でもTOP3に入るほどの人気ぶりです。

やはりNTTという大手企業が運営しているという安心感は大きいと思います。格安SIMの契約というと「本当にしっかりと通信ができるのだろうか?」「ドコモ/au/ソフトバンク以外の通信でも大丈夫か?」と心配になる人も多いと思います。

そのような気になる方でも、OCNブランドを展開するNTTブランドの格安SIMと聞けば、乗り換えるときの不安要素も取り除かれ、安心して乗り換えできますね。

OCN モバイル ONEでは、日単位で使用したデータ容量により課金される特徴的なプランがあります。

通常、格安SIM他社では、月単位で○○GBまでと容量が決められている中で利用するもの。もちろんOCN モバイル ONEにもこの通常プランは存在しますが、日単位でのプランは珍しいです。

具体的に、1日110MBまで利用できるプランと、1日170MBまで利用できるプランが存在します。

1日110MBというとあまり想像がつかないかもしれませんが、110MBまであれば十分なタスクをこなせます。OCN モバイル ONE公式ページの解説によれば、WEBページの閲覧約100ページ、LINE100往復、動画30分、メール約20通、Facebook100フィード閲覧とコレだけのコンテンツで利用できます。

極端に偏った利用状況ではなく、毎日の利用状況がほぼコンスタントに使い続けているという人であれば大変お得なプランです。音声通話SIMであっても月額料金は1,600円です、

これだけ色々なデータ通信利用をしながらこの値段で納まるので、大変納得の価格といえるでしょう。

1日110MBで足りないということであれば、約1.5倍のデータ容量となる1日170MBコースの設定もあります。

さらに通話サービスに強いNTTコミュニケーションズならではの独自サービスも。

音声通話のかけ放題サービスは各社で提供されていますが、OCN モバイル ONEでは、かけ放題ダブルという通話定額サービスがあります。

これは、10分以内の音声通話がかけ放題になることに加え、その月の国内通話料上位3番号分の通話料が無料となります。

よくかける通話先が決まっているという人であれば、このかけ放題ダブルにより、どれだけ通話しても通話料は0円です。データ通信量も安く抑えられ、通話料もこのオプションによりグッと抑えることができます。

もし、10分かけ放題が必要なく、上位3番号のみ無料となるかけ放題だけで良い場合は、さらにオプション料金がお得なTOP3かけ放題というサービスもあります。

格安SIMでありながら、高額になりがちな音声通話料金も格安にできるので、音声通話利用が多いユーザーにはオススメです。

OCN モバイル ONEの公式サイトをみる

OCN モバイル ONEの料金プランは?

では、OCN モバイル ONEの料金プランをみてみましょう。

  容量 SIMタイプ
データ通信専用SIM SMS機能付き
データ通信SIM
音声対応SIM
日単位 110MB/日 900円 1,020円 1,600円
170MB/日 1,380円 1,500円 2,080円
月単位 3GB 1,100円 1,220円 1,800円
6GB 1,450円 1,570円 2,150円
10GB 2,300円 2,420円 3,000円
20GB 4,150円 4,270円 4,850円
30GB 6,050円 6,170円 6,750円
500kbps
(15GBまで)
1,800円 1,920円 2,500円

選択できる毎月のデータ容量ですが、前述のとおり「日単位」のプランと「月単位」のプランがあります。

日単位の場合、110MB/日、170MB/日のプランが用意されています。日単位というと珍しいプランなので、どれくらいの容量が想像しがたい部分もありますが、それぞれ月単位に換算してみると

  • 110MB/日→3,300MB(3.3GB)/月
  • 170MB/日→5,100MB(5.1GB)/月

という容量になります。

毎日のデータ利用量が平均的で大きく偏らないようであれば、日単位の料金プランをお得に使いこなせますね。

通常のプランももちろん提供されています。

最低の容量は3GBからで最大30GBまでと、大容量プランまで対応。配信動画コンテンツやストリーミング配信の音楽サービスをよく利用するというユーザーでも安心のプランが充実しています。

これ以外に高速データ通信ではありませんが、最大通信速度が500kbpsに制限されながらも月15GBまで使えるプランがあります。高速通信はあまり必要なく、LINEトークやテキスト中心のコンテンツをよく利用するというような使い方であれば、こちらのプランの方がお得になることもあります。

その他、OCN モバイル ONEでの細かな料金設定は以下のとおりです。

通話料金 30秒/20円 回線種類 ドコモ回線
SMS料金 SMS受信料:無料
国内送信:3円/通
海外へ送信:50円/通
セット端末 取り扱いあり
データ通信量の
翌月繰越
あり データ
容量の
追加
【日単位プラン】
500円で1日使い放題
【月単位プラン】
0.5GB→500円
初期契約手数料 3,000円 SIMカード
発行手数料
394円
最低利用期間
解約手数料
音声通話SIMプランのみ6ヶ月以内の解約又はMNP転出時の解約手数料は8,000円。 MNP
転出手数料
3,000円
SIMカード
サイズ変更
3,000円 端末保証 オプションあり
セキュリティ
対策
オプションあり テザリング
通信
速度制限
日単位、月単位プランともにあらかじめ設定したデータ通信超過で200kbpsに速度制限

通話料金については、30秒20円という格安SIM独特の高い通話料金設定。よく通話利用するという人は、OCNでんわアプリを利用したかけ放題オプションをオススメします。

通常の10分以内通話かけ放題に加えて、通話利用した上位3番号の通話料金が0円となるTOP3かけ放題、10分かけ放題とTOP3かけ放題がセットになったかけ放題ダブルというプラもあります。

利用する音声通話のスタイルによって、かけ放題オプションをうまく活用すると、通話料金を大きく節約できますね。

OCN モバイル ONEの公式サイトをみる

OCN モバイル ONEのおすすめポイント

ここからはOCN モバイル ONEのおすすめポイントについて紹介します。

日単位の料金プラン設定がある

冒頭や料金プランの項目でも解説していますが、OCN モバイル ONEには、他社と同じような月単位プランのほかに、データ容量が日単位で設定されているプランがあります。OCN モバイル ONEの特徴的なプランです。

日単位で110MB170MBまで使用できる2プランがあります。

110MBというと想像がつきにくいデータ容量かもしれませんが、110MBを30日間使った場合、3,300MB(3.3GB)となります。つまり、月3GBのプランとほぼ同じ状況+αで使えるという状況です。

音声対応SIMでの「日単位プラン110MBプラン」と「月単位プラン3GB」と比較すると、

  • 月単位の3GBプラン 1,800円
  • 日単位の110MBプラン(月換算3.3GB) 1,600円

となります。

日単位プランの方が、月単位プランに比べて少し多く使用することができ、さらに料金も安いことがわかります。

毎日のデータ使用量が平均的で安定している人であれば、日単位プランの方がお得に利用できてオススメです。

大容量プランも充実、30GBまで利用可能

OCN モバイル ONEのデータ容量では大容量の10GB、20GB、30GBという料金プラン設定があります。

特に、10GBより大きいプランについては他社でも取扱いされていないことが多いです。

20GBや30GBプランが提供されているOCN モバイル ONEのプランは、貴重な存在とえいます。

配信音楽やストリーミングの動画をメインで利用する人や、アプリをインストールすることが多いといった、データ容量を多く使用するヘビーユーザーにオススメです。

NTTグループが運営しているという安心感

OCN モバイル ONEはNTTの子会社であるNTTコミュニケーションズが運営しています。そして同社は、古くからインターネットプロバイダーとしてOCNブランドを展開しています。

最大手通信企業の老舗プロバイダブランドなだけあって、サービス品質の安定感は抜群です。「格安スマホ」や「格安SIM」と聞いて不安に思う人でも、安心して契約できるブランドネームと言えるでしょう。

通話が多いユーザーにオススメな10分かけ放題オプション

データ通信だけでなく、通話利用も多いというユーザーには10分かけ放題オプションがオススメです。月額利用料金は850円。

さらに、トップ3かけ放題という通話オプションもあり、利用した月の国内通話料上位3番号の通話料が無料となります。こちらも月額850円です。決まった通話先によくかけるという場合は圧倒的にコチラがお得です。

さらに10分かけ放題もTOP3かけ放題も両方使いたいという人には、かけ放題ダブルという両者がセットになったオプションもあります。月額1,300円ですが、音声通話ヘビーに使う人であれば絶対にお得なかけ放題オプションなので、ぜひとも加入がオススメです。

大容量プランをシェア利用できる

1つの契約で10GB・20GB・30GBの大容量プランを契約している場合、最大5枚のSIM間でこのデータ容量をシェアすることができます。

個人でサブ端末のタブレットなど複数端末を所持している人や、家族での契約を考えている人などにオススメです。

SIMカードは1枚発行ごとに、データSIMカードなら1,800円、音声対応SIMなら3,000円の初期費用がかかります。キャンペーンを利用すれば、2枚目以降のSIMカード発行手数料は0円となります。

その他、2枚目以降のSIMについては、データ専用SIMで400円、SMS付きデータSIMで520円、音声通話SIMで1,100円月額使用料が1枚につきかかります。

SIMを追加すると月額使用料は発生しますが、各々の端末を単発で契約するより断然お得に活用することができます。

家族等で複数端末を利用予定の方は、ぜひ検討してみてください。

音声対応SIMの契約の縛り期間設定が短い

格安SIM各社にいえることですが、データ通信専用SIMの場合は契約後にいつ解約しても基本的に解約手数料がとられることはありません。

しかし、音声通話SIMの場合は12ヶ月または24ヶ月の最低利用期間が設けられていることが多く、最低利用期間内に契約解除した場合、高額な解約手数料がかかります。

OCN モバイル ONEでもこの最低利用期間が設けられていますが、期間設定が他社と比較して短く、6ヶ月です。さらに解約手数料も多くは9,000円以上するものが多いですが、8,000円となっていて、若干安い金額設定です。他社よりも解約・転出に寛容な姿勢であるといえるでしょう。

利用初月は通信料金が無料

OCN モバイル ONEで通信契約をすると、利用開始の初月については通信料金が無料になります。

MNP転出元(現在使っているキャリア)が解約月の日割り計算に対応していれば、月初めの申し込みでお得に契約することができるでしょう。

「OCN光モバイル割」で毎月200円割り引き

自宅でOCN光接続プランを利用している人は、OCN モバイル ONEの1契約ごとに200円の割り引きが適用されます。

例えば、家族5回線で利用しているなら、合計で1,000円割り引きとなり、かなりお得です。

インターネットプロバイダならではのセット割り引きプランであり、OCN光を利用しているなら、OCN モバイル ONEとのセット利用がオススメです。

全国82,000ヶ所のWi-Fiスポットが無料で使える

OCNの日単位・月単位コースを契約しているユーザーであれば、全国82,000ヶ所あるWi-Fiスポットを無料で使うことができます。この公衆Wi-Fiサービスを使うことによりデータ容量を気にせずに気軽に使用できることに加え、データ容量の節約にもつながります。

Wi-Fiスポットは、駅・カフェ・空港・ホテル・デパート・商業施設・コンビニ・オフィスビルなど様々な場所に設置されています。

具体的な店舗として、スターバックスコーヒー・タリーズコーヒー・ロッテリア・セブンイレブン・ローソンなどがあげられます。

OCN モバイル ONEユーザーなら誰でも使えるWi-Fiサービスなので、ぜひ活用しましょう。

余ったデータ通信量は翌月繰り越しできる

毎月のデータ通信量は、翌月にそのまま繰り越され翌月末まで使用できます

さらに翌月は、繰り越されたデータ通信量から優先的に消費されるので、データ通信量を余すこと無く無駄なく使用することが可能です。

データ通信SIMでは解約手数料がかからない

OCN モバイル ONEのデータSIMでは、2年縛りの契約や最低利用期間が設定されていないため、解約手数料がかかりません

いつでも気軽に利用を開始することが可能な上、万が一サービスを解約したとしても解約手数料がかからないないので、余計な費用が発生しないので安心です。

ドコモ版のSIMロック端末でもそのまま使える

大手キャリアで使っている端末は、キャリアごとにSIMロックと呼ばれる鍵のようなものがかけられています。

通常、SIMロックがかかった端末を他社通信回線で利用したい場合には、端末のSIMロックを解除する必要がでてきます。

OCN モバイル ONEの場合は、ドコモ回線を利用したMVNOなので、ドコモ版のSIMロックがかかった端末であっても、そのままSIMを差し替えるだけで使用可能です。

ドコモ版のSIMロックがかかった状態でも使えるかどうかを判定するには、OCN モバイル ONEモバイルONE公式ページの「動作確認済みデータ端末一覧」というページで確認してください。

OCN モバイル ONEの公式サイトをみる

OCN モバイル ONEの申し込み方法

OCN モバイル ONEを契約するには、インターネットで申し込む方法と、店頭や通販のパッケージSIMを購入して申し込む方法があります。

オススメの方法はいつでもどこでも可能な「OCN モバイル ONE公式サイト」より申し込む方法です。

ただし、音声対応SIM購入の場合はOCN モバイル ONE公式サイトから申し込みできますが、データ専用SIMの場合は、NTTコムストアやAmazonなど通販サイトからSIMパッケージを購入する必要があります。

今回は、データ通信専用SIMをNTTコムで通販購入し、OCN公式サイトで登録する方法を例として解説していきます。

OCN モバイル ONE公式サイトから申し込み

まずは、OCN モバイル ONE公式サイトヘアクセスします。

トップページ中段ほどにある「スマホセットを購入する」「音声対応SIMを購入する」「データ通信専用SIMを購入する」の中から希望のものを選択します。

NTTコムストアでのSIMパッケージ購入

データ通信専用SIMの場合、ショッピングサイトから購入する必要があるので、NTTコムストアやAmazonなど好みの通販サイトから購入します。

※Amazonや楽天など別のサイトで購入した場合は、記事中程にある「SIMを登録する」の手順まで進んでください。

NTTコムストアにアクセスしたら「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」というSIMサイズに注意しながら、好みのSIMパッケージを選択します。SMS機能を利用したい場合は「SMS付き」を選択しましょう。

SIMパッケージを選択したら「カートに入れる」をタップします。

続いて、内容を確認後「購入手続きへ」をタップします。

会員登録している場合はIDとパスワードを入力してログインします。新規で購入する場合は「会員登録(無料)」をタップします。

続いて、メールアドレスをはじめとした個人情報を全て入力していきます。

利用規約を確認後、「上記に同意します」にチェックを入れて、「上記に同意し登録する」をタップします。

確認画面に移るので、これまで入力した内容を確認し「登録する」をタップします。

規約同意及び登録

先ほど入力したメールアドレス宛にパスワード登録の確認メールが送られます。受信したら、メール文中にある「パスワード設定URL」をタップします。

任意のパスワードを間違いのないように入力し「登録する」をタップします。

するとパスワードが設定されるので、再びカートに戻り手続きを進めます。

カート内容を確認し「購入手続きへ」をタップします。

続いて、支払い方法を選択後、利用規約の「上記に同意し、購入します。」にチェックを入れて「上記に同意し次のステップへ進む」をタップします。

配送情報を確認後、「次のステップへ進む」をタップします。

続いてお届け先住所を選択し、「次のステップへ進む」をタップします。

注文内容を確認し、間違いないようであれば「上記商品を購入する」をタップします。

最後にNTTコムストアでの支払い情報を入力し購入します。

購入が完了すると、1週間ほどで配送設定した住所にSIMパッケージ一式が届きます。

SIMを登録する

SIMパッケージが到着したら、OCN モバイル ONE公式ページでSIMの登録をする必要があります。

パッケージを開けると、SIMカードに「発信番号」と「端末製造番号」が記載されているので確認します。後ほど入力が必要です。

スマホのブラウザを開きURL入力欄に【http://s.ocn.jp/one5】と入力しアクセスします。

するとOCN新規申し込みページになるので、先ほど確認した発信番号と端末製造番号を入力します。

コースの選択

続いてコース選択です。

データ容量プランを好みのものから選択します。セキュリティや追加コンテンツなど各種オプションの希望がある場合はここで申し込みます。

契約者情報の入力

SIM契約者の個人情報(氏名・生年月日・住所など)を入力していきます。完了したら「次へ」をタップします。

支払い情報の入力

契約者本人名義のクレジットカード情報を間違いの無いように入力します。続いてOCNで希望すうメールアドレスを任意で入力したら「次へ」をタップします。

SMS認証

SMSで番号認証をする必要があります。

認証に使用する携帯電話番号を入力して「次へ」をタップします。続いて入力した番号を確認して「次へ」をタップします。

SMSを受信し記載されている受信番号を控えた後、申し込み画面に戻り認証番号の欄に入力します。

完了したら「認証」をタップします。

SMS認証成功の表示になったら「次へ」をタップします。

最後にOCN モバイル ONEの重要事項説明を確認し「上記内容について同意しました」にチェックを入れたら「申し込む」をタップします。

申し込みの完了

以上で申し込み手順は完了です。

OCN会員登録証がPDF形式でダウンロードできるので、保存しておきましょう。

OCN モバイル ONEの公式サイトをみる

まとめ

OCN モバイル ONEは、格安SIMの契約者数TOP3に入るほど人気の格安SIMです。NTTコミュニケーションズが運営している安心感や日単位でデータ容量をカウントする独特のプランなど、他社にはないサービスも充実しています。

さらに、音声通話利用が多いユーザー向けに、10分かけ放題オプションに加えて、月利用の上位3番号の通話料が0円となるかけ放題サービスも提供されています。

データ通信に加えて音声通話もお得になるので、これまで大手キャリアを利用していた時の通信量より遙かに安い金額で通信が可能となります。

OCN モバイル ONEで安心して格安SIMへ乗りかえを検討するのも良いと思います。

OCN モバイル ONEの公式サイトをみる