mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)の特徴と評判・評価、申込方法を徹底解説!

「mineo(マイネオ)」は、関西電力グループであるケイ・オプティコムが運営する格安SIMです。最近では新しいフツーをつくる」をキャッチコピーにテレビCMで見る機会も多くなってきたと思います。

mineoはドコモ回線とau回線に対応したマルチキャリア対応が特長。パケット関連サービスも非常に充実しています。

この記事では、mineoの評価や評判、申し込み方法について解説します。

mineoとは?

mineoは関西電力グループであるケイ・オプティコムが運営する格安SIMです。関西電力といえば、関西圏の電力供給を担う超巨大インフラ企業なので、経営地盤も安定しています。格安SIMを利用とした場合に、ドコモ・au・ソフトバンクという大手通信キャリア以外の通信会社に抵抗を感じている人でも安心して利用できます。

mineo最大の特徴は、ドコモ回線とau回線の両方に対応しているマルチキャリア対応であるということ。

提供されているドコモプラン(Dプラン)では通信回線にドコモ回線を使用、auプラン(Aプラン)ではau回線を使用しています。

例えば、家族全員でmineoへ乗り換えするとします。家族内でドコモ回線を利用したい人、au回線を利用したい人と混在している場合でも、同じ契約としてmineoへ乗り変えるということもできます。

そもそも格安SIMへ乗り換えたいとなった場合に、通信利用する端末をどうするかという問題が発生します。SIMフリー端末であれば、通信回線に制限を受けることなく、格安SIMを利用できますが、SIMロックがかかっている端末だと利用できる通信回線に制限がかかります。

ドコモで購入したドコモ端末であれば、ドコモのSIMロックがかかっているのでドコモ回線以外では使えません。auでも同じです。auのSIMロックがかかった端末であれば、au回線以外では利用できません。

mineoの場合は、ドコモプランとauプランでそれぞれの通信回線を利用しているので、ドコモ端末を使っている人、au回線を使っている人、それぞれがそのままの端末で格安SIMへ移行できます。対象となるユーザーが多いので、格安SIMへ移行検討している人には嬉しいサービス内容です。

マルチキャリア対応以外にも、mineoには特長的なサービスがあり、パケット関連サービスは非常に豊富であるといえます。

フリータンクは、mineoユーザー同士で余ったパケットを一つの貯蔵庫に入れ(IN)、パケットが不足しているユーザーは、貯蔵庫からパケットを引き出してチャージ(OUT)サービス。mineoユーザー全体で助け合える制度のようなものです。

ある月は外出先での通信利用が多くなってしまいデータ容量不足に陥ってしまった。また、ある月は全然通信を利用しなかったので、データ容量が多く余ってしまった。そんな時に、フリータンクに寄付したり、あるいはフリータンクから助けてもらったりできる相互扶助の元に成り立つ素敵な制度です。

データ容量を特定のmineoユーザーにプレゼントできるパケットギフトというサービスもあります。友人や親族のお祝いや御礼にサプライズでギフトするなんて使い方もできますね。

同一のグループ内で余ったパケット分け合えるパケットシェアというサービスもあります。家族内であまりそうなパケットをわけあうことによって、無駄なく最後まで使いきることができます。

もちろん毎月余ったパケットについては翌月繰り越しも可能です。

この他、端末保証サービスやmineo.jpのメールアドレスが利用できるなど、メリットは豊富です。

格安SIMなので通信料金も安いですから、大手キャリアに比べて固定費を大きく節約することも可能です。

mineo(マイネオ)の公式サイトをみる

mineoの料金プランは?

では、mineo料金プランをチェックしてみましょう。

mineoの料金プランは、ドコモ回線を利用したドコモプラン(Dプラン)、au回線を利用したauプラン(Aプラン)でそれぞれ料金が異なります。

まずは、ドコモプランから。

プラン名 データ
容量
SIMタイプ別の月額料金
シングルタイプ
(データ通信専用)
デュアルタイプ
(音声通話付き)
Dプラン
(ドコモ回線)
500MB 700円 1,400円
1GB 800円 1,500円
3GB 900円 1,600円
5GB 1,580円 2,280円
10GB 2,520円 3,220円
20GB 3,980円 4,680円
30GB 5,900円 6,600円
SMS機能 120円/月 無料

毎月の料金プランは、利用するデータ容量と利用するSIMカードタイプによって決まります。

mineoでは、データ一通信専用SIMを「シングルタイプ」、音声通話付きSIMを「デュアルタイプ」と呼びます。DプランのシングルタイプでSMSを利用したい場合は、別途月額120円で付加できます。

データ容量は最低で500MBを選択できるので、データ通信利用が少ないユーザーにも最適。サブ端末向けのプランとしても利用できますね。

一番大きい容量では30GBまで選択できるので、動画視聴といった通信容量負荷の大きい利用方法をとっているヘビーユーザーでも安心して使えます。

もちろん料金プラン自体の内容も大手キャリアに比べて格安。音声通話付きの3GBプランでは月額1,600円です。大手キャリアで7,000円程度かかかるとすると、差額は5,400円にもなります。かなり大きい差額ですね

1年間に換算すれば約60,000円もお得になる計算なので、格安SIMという恩恵は固定費の圧縮に大きく寄与してくれます。

続いてauプラン(Aプラン)をみてみましょう。

プラン名 データ
容量
SIMタイプ別の月額料金
シングルタイプ
(データ通信専用)
デュアルタイプ
(音声通話付き)
Aプラン
(au回線)
500MB 700円 1,310円
1GB 800円 1,410円
3GB 900円 1,510円
5GB 1,580円 2,190円
10GB 2,520円 3,130円
20GB 3,980円 4,590円
30GB 5,900円 6,510円
SMS機能 無料 無料

 

AプランについてもDプランとほぼ同じような料金形態です。データ容量は500MBから大容量の30GBまで用意されていて、シングルタイプとデュアルタイプがあります。少し異なるのはデュアルタイプの料金です。すべてのデータ容量におちて、ドコモプランより月額90円安い値段で設定されています。

またAプランでは、データ通信専用SIMであるシングルタイプであっても月額無料でSMSを使うことが可能です。

少しの差にはなりますが、料金面だけみてみると、DプランよりAプランの方が少しだけお得な内容です。

その他、mineoでの細かな料金設定は以下のとおりです。

通話料金 30秒/20円 回線種類 ドコモ回線/au回線
SMS月額料金 Aプラン:全タイプ無料
Dプラン:
シングルタイプ→120円/月
デュアルタイプ→無料
SMS受信料 無料
SMS送信料 Dプラン国内送信:
3円〜30円/通
Aプラン国内送信:
3円/通
セット端末 取り扱いあり
データ通信量の
翌月繰越
あり データ
容量の
追加
100MB→150円
※一度の購入は10口まで
初期契約手数料 3,000円 SIMカード
発行手数料
400円
回線プラン変更
(Aプラン-
Dプラン)
2,000円 タイプ変更
(シングル-
ダブル)
2,000円
解約手数料 なし MNP
転出手数料
12ヶ月以内のMNP転出手数料は
11,500円、13ヶ目以降は2,000円
SIMカード
サイズ変更
3,000円 通信
速度制限
Dプラン:なし
Aプラン:3日間で6GB
※超過時は200kbpsに制限
050IP電話 100円/月(LaLa Call) 通話定額 通話定額30:840円/30分
通話定額60:1,680円/30分
家族割 50円/月・回線 複数回線割 50円/月・回線
セキュリティ
対策
オプションあり(有料) テザリング
(一部機種で使用不可)
端末保証 オプションあり 申込可能
回線数
同一名義:5回線まで
同一住所:10回線まで

 

mineoは格安SIMということもあり、音声通話SIMユーザーが、携帯電話番号を利ようした音声通話を利用すると30秒20円という高い通話料金が設定されています。

音声通話が多いユーザーには、10分かけ放題サービスがあるのでオススメです。月額850円の利用料金で10分以内の通話であれば何回でもかけ放題となります。

1回あたりの通話時間が長いユーザーには通話定額30と通話定額60というサービスも提供されています。それぞれ30分、60分までは定額料金で利用可能です。

格安SIMで通信料金は安い設定ですが、音声通話が多いユーザーは不利になってしまうので、音声通話が多いユーザーはぜひ通話オプション利用検討をしましょう。

mineo(マイネオ)の公式サイトをみる

mineoのおすすめポイント

mineoの料金について解説したところで、ここからはmineoの様々なおすすめポイントについて紹介します。

ドコモ回線とau回線を両方使える数少ないMVNO

格安SIMを取り扱っている他社MVNOは、大半がドコモ回線の設備を借りて運営しているドコモ系MVNOです。mineoを含む数社など一部のMVNOは、au回線を利用しているau系MVNOもあります。

mineoの一番の特長は、ドコモ回線とau回線の双方が利用可能なマルチキャリア対応という点です。

これにより、手持ち端末の対応状況や使用環境での通信状況を考慮して、好みのキャリアを選ぶことが可能です。

家族割引きや複数回線割も提供されているので、ドコモ・auと回線が異なっている場合でも割引きを適用することができます。マルチキャリア対応の強みです。

パケットの翌月繰り越しに対応している

毎月のデータ通信量は、翌月にそのまま繰り越され翌月末まで使用できます。さらに翌月は、繰り越されたデータ通信量から優先的に消費されるので、データ通信量を余すこと無く無駄なく使用することが可能です。

パケットを同一eoID間でシェアできる

mineoユーザーにはeoIDごとに最大5回線まで契約することができます。

この同一のeoID間で事前に「パケットシェア」に申し込むことにより、当月に余ったデータ通信量を翌月に繰り越し、さらに同一eoID間でシェアして使用することが可能です。

家族でmineoを使用しているという場合や、個人で複数の回線を使用している人にとって、月間データ容量に余りが生じても翌月には全端末間でシェアしあって使えるので最後まで無駄なく使用できます。

パケットギフトでデータ通信量を贈り合える

「パケットギフト」とは余ったパケットを、知人や友人に自身の余っているデータ通信量をギフトとして送ることができる業界初の無料オプションサービスです。

プレゼントできるデータ容量は最大9,990MBまでとなっており、10MB単位で指定できるので、少ないデータ通信料でも知人や友人にギフトすることができます。

フリータンクから1GBデータ通信量をもらえる

余ったデータ通信料を全国のmineoユーザ同士でシェアできるサービス「フリータンク」は、他社にはないmineoならではの特長的な機能です。

「フリータンク」はmineo全ユーザー間でそれぞれの余ったデータ通信料を貯めたり使用したりできるパケットの貯蔵庫です。

月末付近になってデータ容量が不足してしまうピンチな時には、この貯蔵庫であるフリータンクから最大1GBのパケットを引き出すことが可能です。eoIDとマイネ王アカウントを連携することにより利用できます。

解約手数料がかからない

mineoでは最低利用期間や解約手数料が設定されていません

よって、データ通信専用のシングルタイプ、音声通話SIMのデュアルタイプを問わず、いつ利用をやめて解約したとしても解約手数料がかからないので安心です。

Dプランでは連続使用による通信速度制限がない

データ通信の連続使用による通信速度制限の実施は、MVNO他社では設定されている場合が多いですが、mineoのDプランの場合は、データ通信の連続使用による通信速度制限は一切ありません。

3日間でデータ通信量が●●GBを超えると200kbpsに制限され低速通信になるような制限を受けません。実質使い放題なので安心して利用できます。

ドコモ版・au版のSIMロック端末でもそのまま使える

大手キャリアで使っている端末は、キャリアごとにSIMロックと呼ばれる鍵のようなものがかけられています。

通常、SIMロックがかかった端末を他社通信回線で利用したい場合には、端末のSIMロックを解除する必要がでてきます。

前述のとおり、mineoはドコモ回線・au回線を利用したマルチキャリア対応のMVNOなので、ドコモ版のSIMロックあるいはau版のSIMロックがかかった端末であっても、そのままSIMを差し替えるだけで使用可能です。

ドコモ・au各キャリアのSIMロックがかかった端末が使えるかどうかは、以下のmineo公式ページで事前によく確認してください。

端末安心保証サービスでmineo端末・持込み端末問わず保証可

mineoでは端末保証のオプションサービスが取り扱いされています。

「端末安心保証サービス」では、mineo端末を対象に月額370円で落下・水没・破損等の故障時に修理・交換といった端末保証してくれます。

「持込み端末安心保証サービス」では、iPhoneなどの自己所有端末を対象に月額500円で落下・水没などの故障時に修理・交換をしてくれます。

mineoで販売されているセット端末はもちろん、対象機種であれば既に所持している持ち込み端末でも保証オプションをつけることができるので安心ですね。

mineo独自のコミュニティサイト「マイネ王」の活用でさらにお得に

mineoユーザーやmineoスタッフのコミュニティできる場所である「マイネ王」は、スタッフからの最新情報や、mineoユーザーからの便利な情報、通信に関してわからない場合の質問コーナー、さらに先ほど紹介したフリータンクの利用など、mineoユーザーがさらにお得に活用できる情報や機能が満載です。

mineoユーザーならもはや必須ポータルサイトとも言うべき存在です。このようなコミュニティサイトは他社MVNOではないものなので、mineo独自の特長的なポイントと言えるでしょう。

10分かけ放題サービスでデュアルタイプSIMの通話もお得に

mineoでは音声通話が多いユーザーには最適な通話オプションである「10分かけ放題」を提供しています。

月額利用料850円で、専用アプリからの通話がどこにかけても10分間は無料になります。さらに超過後の通話料も通常30秒20円のところ、半額の30秒10円で課金されます。

短時間の通話が多いユーザーにとっては、かなりお得なサービスとなっています。

mineo(マイネオ)の公式サイトをみる

mineoの申し込み方法

mineoを契約するには、インターネットで申し込む方法と、店頭や通販のパッケージSIMを購入して申し込む方法があります。今回はmineo公式サイトでの申し込みを例として解説していきます。

mineo公式サイトから申し込み

まずは、mineo公式サイトヘアクセスします。トップページ中段にある「お申し込みはこちら!」をタップし、mineoを新規お申し込みされる方の中の「お申し込み手続きへ」を選択します。

申し込み方法の選択

最初に申し込み方法を選択します。エントリーコードを持っていない場合は「エントリーコードをお持ちでないお客さま」を選択します。

エントリーコードを持っている場合は「エントリーコードをお持ちのお客様」、通販などでエントリーパッケージを購入した場合は「エントリーパッケージをお持ちのお客様」を選択します。

選択が完了したら「次へ進む」をタップします。

料金プランの選択

毎月の料金プランを選択します。

回線種別では、au回線を使用する場合は「auプラン(Aプラン)」、ドコモ回線を利用する場合は「ドコモプラン(Dプラン)」を選択します。

SIMタイプの選択では、データ通信しか利用しない場合は「シングルタイプ」、音声通話付きSIMの場合は「デュアルタイプ」を選択します。

また月間データ通信容量もここで選択します。ライトユーザー向けな「500MB」からヘビーユーザー向けの「10GB」まで用意されているので、使い方にあったデータ容量を選びましょう。

最後に端末購入の有無を選択します。既に、用意している端末にSIMカードのみ差し替えて使用する場合は「SIMカードのみ」にチェックを入れて「次へ進む」をタップします。

SIMサイズの選択

端末によって、SIMカードのサイズは「nanoSIM」「microSIM」「標準SIM」と3サイズのいずれかに対応しています。手持ち端末のSIMカードサイズをよく確認しておきましょう。

SIMサイズがよくわからないという場合は、mineo公式ページの「mineo動作確認端末一覧(AプランDプラン)」から対応しているSIMサイズを確認しましょう。

選択したら「次へ進む」をタップします。

オプションの申し込み・契約者情報の入力

SMSオプションを始めとして、パックアップやサポート、端末保証などのオプションへ申し込む場合は、好きなものをこちらで選択します。端末保証など加入時にしか申し込めないものもあるので注意しましょう。

オプション選択が終了したら、続いて契約者情報の入力となります。

SIM契約者の氏名・住所・電話番号・生年月日・メールアドレスといった契約者情報を入力します。

暗証番号等全て情報を入力したら「次へ進む」をタップします。

支払い情報の入力

選択したプランの料金や初期費用を確認したら、mineoの料金支払いに使用する契約者本人名義のクレジットカード情報を間違いのないように入力します。

入力が完了したら「次へ進む」をタップします。

規約・申し込み内容の確認

mineoの利用規約等を確認したら「同意する」にチェックを入れます。

続けて、これまで入力した内容の確認を行います。

入力内容が間違いないようであれば「申し込みを確定する」をタップします。

これで仮申し込みが完了となり、申し込み時に入力したメールアドレス宛に確認メールが送られます。

受信したメール本文中に「お申し込み完了手続き用URL」が記載されているので、リンクをタップします。

すると、mineo公式ページに遷移して本申し込みが完了となります。

完了すると、受付番号が表示されるのでメモをとるか、スクリーンショットを取るなどして控えておきましょう。

mineo(マイネオ)の公式サイトをみる

まとめ

mineoは、 ドコモ回線とau回線に対応したマルチキャリア対応の格安SIMです。料金が安いだけでなく、パケット関連のサービスが充実していることや、知名度もあり、格安SIMユーザーの中でも人気のMVNOとなっています。

  • 選択肢を広くする意味で、ドコモ回線やau回線の両方に対応している方が良い
  • データ通信を多く利用する
  • ある程度ユーザーが多い人気の格安SIMを使いたい

このような人は、mineoがオススメです。ぜひ検討してみてください!

mineo(マイネオ)の公式サイトをみる