楽天モバイル

楽天モバイルで快適テザリング、その前に知っておきたいポイントは?

スマホをモバイルルーター代わりに使用するテザリングは、いわゆる格安スマホでも使用でき、楽天モバイルでも使用可能です。ですが端末によっては使用できないケースもあります。いざテザリングをしようと思ったら非対応で慌てずにすむよう端末選びには注意しましょう。

そもそもテザリング機能ってなに?

テザリング機能とは、スマホをモバイルルーター代わりに使用することです。商業施設を中心に、公衆Wi-Fiが使えるフリーアクセススポットは街中でも増加中です。ですがWi-Fiスポットが見つからなくても、あるいは自宅と同じように安全に使用できる回線を利用したい場合は、テザリング機能を使えばパソコンをインターネットにつなぐことができます。 手持ちのスマホにテザリング機能がついていれば、スマホを中継機にしてパソコンやゲーム機をインターネットにつなぐことができます。ワイヤレスでスマホとパソコンやゲーム機を子機としてつなぐことができ、設定もそう難しくないので便利です。ただし、テザリング対応済みの機種に限られます。 iPhoneだと5以降、Androidの場合は4G/LTE対応のスマホとなります。MVNO(仮想移動体通信事業者)提供のスマホであっても、LTE(あるいは3G、4G)回線に対応していればテザリング可能です。テザリングはWi-Fiアクセスポイントという場所にもしばられず、ワイヤレスでインターネットにつなぐことができて便利な反面、デメリットもあります。 動画などリッチなデータの送受信が多くなると、各通信キャリアが設定した帯域制限に引っかかることもあります。帯域制限以後は低速通信となってしまうほか、バッテリーも消耗するなど、リッチなデータのやり取りが多い方の場合は使い方に注意が必要です。

楽天モバイルをはじめMVNOのスマホにも対応

テザリングは、MVNO(仮想移動体通信事業者)が提供する格安スマホにも対応しています。MVNOとはドコモやauあるいはソフトバンクなどの主要キャリアから、無線通信インフラを借り受けて通信サービスを提供している事業者のことをいいます。通信サービスとは別の本業をもつ企業も参入しており、サービス内容や料金体系は会社のカラーによってさまざまなプランが提供されています。 楽天モバイルは、インターネットサービス大手である楽天グループによるMVNOです。多くのMVNO業者がインターネット専業方式をとるなか、実店舗を全国展開する数少ないMVNO業者です。対面でのサポートにも力を入れているため、MVNOは初めてという人にも安心感があります。 楽天モバイルの格安スマホを、テザリングを前提として使用する際には機種選びに注意が必要です。楽天モバイルでは、ASUSのZenFoneやSonyのXperiaなどが端末として用意されており、それ以外にも格安SIMを組み合わせることでiPhone(注:SIMフリーの端末に限ります)にも対応しています。しかし、docomoの端末ではテザリングはできません。 またテザリングにはワイヤレス(無線)で行うWi-FiテザリングとBluetoothテザリング、有線で行うUSBテザリングに大別されますが、USBテザリングには対応していない機種も比較的多くあります。SHARPの一部機種には、Bluetoothテザリングにしか対応していないものもあります。 テザリングでは、親機となるスマホと子機となるパソコンやゲーム機とはWi-Fiテザリングでつなぐのが一般的です。そのためWi-Fiテザリングに対応している方が、子機となるパソコンやゲーム機を選ばず汎用性も高くなります。

なぜdocomoの端末ではテザリングできないのか?

楽天モバイルでは、docomoの端末を使ってのテザリングはできません。楽天モバイルでiPhoneを端末として使用する場合も、楽天モバイルにてAPN設定が完了済みであることが前提となります。APNとは、スマホからインターネットにつなぐときに必要となる設定です。 SIMフリーを前提とした海外製端末の場合、APN先としてあらかじめMVNO事業者が設定されているケースがあります。そのため、海外製端末であっても問題なくインターネットとつながり、テザリングも支障なく使えます。 しかしdocomoの端末の場合は、APN先としてあらかじめdocomoのサーバーが設定されています。そのためdocomoの端末でテザリングを行おうとしてもインターネットにつながらず、テザリングもできません。そのため楽天モバイルが公表している動作確認済み端末にも、docomoの端末は含まれていません。 MVNO事業者の大部分がそうであるように、楽天モバイルもdocomoの通信インフラを使用しています。にもかかわらず端末がインターネットにつながらない、いわゆるAPNロック問題は、SIMロック解除が義務化されたことにより風向きが変わりつつあります。主要キャリアもSIMフリーを前提とした運用に変われば、主要キャリア製の端末もMVNO事業者や利用者にとって、より使い勝手のよいものへと変わっていく公算が高くなります。 アクセスポイントにもしばられず、モバイルルーターのように別途通信契約が必要となるわけでもないテザリングは、もっと安く便利に使いたいというユーザーの嗜好にもマッチしています。格安スマホでのテザリングは現在のところ一部制限がありますが、将来はより普及していく可能性もあります。

まとめ

MVNO事業者である楽天モバイルを使ってのテザリングは、現在のところすべてのメーカーやキャリア製の端末に対応しているわけではありません。テザリングを前提として端末を選ぶ際には、今のところ注意が必要です。