格安SIMの基礎知識

iPhone XのSIMフリー版で格安SIMデビューする方法を徹底解説!

2017年11月に発売予定のiPhone X。

これまでのiPhoneシリーズの象徴ともいうべきホームボタンが廃止され、ディスプレイは5.8インチ全面有機EL仕様であり、これまで使用していた指紋認証の代わりに顔認証によるセキュリティシステムが採用されています。iPhone 8/8 Plusシリーズ同様にQi規格のワイヤレス充電に対応、A11 Bionicチップ搭載によりさらに高速化されています。

この記事では、iPhone XのSIMフリー版で格安SIMデビューする方法を徹底解説します!

「iPhone X」の主な特徴

11月に発売予定の「iPhone X」は、すでに1年振りのメジャーアップデート端末として発売されている「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」とは大きく異なり、iPhoneが発売されてから10周年に相応しいプレミアムモデルとなっています。

ここでは「iPhone X」の性能や端末の特徴について解説します。

iPhone XシリーズはこれまでのiPhoneとはデザインコンセプトそのものが一新され、iPhoneデザインの象徴ともいうべき、ホームボタンが廃止されました。

ホームボタンが廃止された分、ベゼルレスの全面ディスプレイ仕様となり、5.8インチのOLEDディスプレイのSuper Retina HDディスプレイを搭載しています。
本体の寸法的なサイズはiPhone 8 Plusより小さいものの、ディスプレイサイズは5.5インチのiPhone 8 Plusより大きい5.8インチなので、画面をフルに使って動画をみたり、ゲームをしたりと、あらゆるタスクをiPhone史上最も大きい大画面で実行することができます。

ホームボタンがない分、操作性に不安を覚えるかもしれませんが、これまでホームボタンを押してアプリ間を移動していた操作はあらたに画面下からスワイプアップする方法へ置き換えられています。

これまでホームボタンによって行われていた指紋認証については、ホームボタン廃止によって利用できなくなります。
代わりに搭載されたのが顔認証機能である「Face ID」 です。

ディスプレイ上部の切り欠き部分に設けられたTrue Depthカメラにより、ユーザーの顔を認識します。
顔認証が成功するとロックが解除されるというものです。Appleはこれまで利用していた指紋認証よりも遙かに高い確率で顔認証をできるとAppleスペシャルイベントで発表していて、セキュリティ性が大幅に向上しています。

この他、顔認識機能を応用したアニ文字という呼ばれる機能も利用できます。ユーザーの微妙な顔の表情といったものを正確に検出し、アニメーションが滑らかに動く絵文字に置き換えられるというもの。自身の顔が12種類あるキャラクターに変身し、個性ある表情をもったアニ文字が完成します。

カメラ性能については、これまでのiPhone 7 Plusや新しいiPhone 8 Plusの同じ12メガピクセルのカメラを搭載。望遠カメラのf値についてはf/2.4の性能に進化し、より明るい写真が撮影できるようになっています。

手ぶれ補正の機能も進化し、デュアル光学式手ぶれ補正仕様へとなり、カメラセンサーも一新されているので、より繊細で色鮮やかな写真撮影が可能です。

本体パネルは、iPhone 8/8 Plusと同様にガラスパネルが採用されいているので、周りの光りを反射するような本体の美しさを楽しめます。さらに、ガラスパネルは50 %強度が増強されているものなので、毎日の仕様でも安心です。

また、Qi規格のワイヤレス充電にも対応しているので、専用の充電パッドの上にiPhone Xをおくだけで充電することが可能です。

CPUは合計6コアの「A11 Bionic」チップを搭載。その内、4つのコアではA10 Fusionより最大70%高速化され、残りの2コアも最大25%高速化されています。
毎秒最大6000億の演算を処理するニューラルエンジンも採用され機械学習に活用されます。Face IDやアニ文字といった機能は膨大な演算処理を必要としますが、このA11 Bionicのニューラルエンジンによりスムーズにタスクをこなすことができます。

ディスプレイにはTrue Toneを採用し、周囲の環境光に合わせてディスプレイのバックライトを調和させるように変化させ、より鮮やかでキレイな表示が可能となっています。

見た目もこれまでのiPhoneとは大きく異なり全面OLEDディスプレイが採用された「iPhone X」は、デザインも機能も大きく進化した仕上がりとなっています。

「iPhone X」を買うならSIMフリー版がオススメ!

iPhone Xを購入する方法は大きく分けて2種類あります。

SIMロックがかかったキャリア版

まずは、ドコモ/au/ソフトバンクの大手3キャリアのショップで購入する方法です。

これは、各キャリアのオンラインショップ、または全国各地にあるショップ店舗にいき購入する方法です。

ドコモ/au/ソフトバンクのキャリアで購入するメリットとしては、2年間契約による毎月割引きを受けることができるので、端末総価格から毎月割引きの費用を差し引いた実質負担額がかなり安くなります。正規価格の半額以下の値段で実質的に入手することも場合によっては可能です。

ただし、キャリアでiPhoneを購入するとデメリットもあります。それはSIMロックがかかるということです。

キャリアで購入した端末には、SIMロックと呼ばれる鍵のようなものがかけられます。これは、その販売しているキャリア以外での通信回線で利用できなくなるよう制限するものです。

例えばソフトバンクで購入した端末にはソフトバンクのSIMロックがかけられているので、ドコモのSIMカードに差し替えたとしてもドコモ回線で通信利用することができません。
ソフトバンクのSIMロックがかかったiPhoneは、あくまでソフトバンクでの利用が原則となります。

またキャリアでの通信利用は、格安SIMに比べて非常に価格設定が高いです。

格安SIMでは毎月2,000円程度で利用できても、大手キャリアでは7,000円程度の金額がかかる場合もあります。毎月5,000円もの金額差が生じるということになります。

このようにキャリア購入端末については、端末を安く入手できるというメリットがありますが、同時に利用する通信環境が制限される・格安SIMに比べて毎月の固定費が高くなるという欠点があります。

SIMロックがかかっていないSIMフリー版

もう一つのiPhone入手方法がSIMフリー版端末を購入する方法です。

SIMフリー版のiPhoneは先ほど解説したキャリア購入のSIMロック端末とはことなり、SIMロックがかかっていない端末です。つまり、通信利用するキャリアに縛られず、好きな通信事業社を選択して利用することが可能です。

例えば、ドコモ/au/ソフトバンクなどどの通信キャリアのSIMカードを挿入しても、そのまますぐに利用できます。さらに、格安SIMのSIMカードでもすぐに利用できます。

SIMフリー端末の最大のメリットはココにあります。制限を受けることがなく、格安SIMを自由に選ぶことができるのです。

格安SIMは、ドコモ/au/ソフトバンクの大手キャリアより、毎月の通信料金が格段に安く設定されています。例えば、大手キャリアで毎月7,000円程度かかっている通信費用が、格安SIMでは2,000円程度で運用可能です。

金額としては、毎月5,000円も安くなり、1年間に換算すると6万円、2年間に換算すると12万円も安くなる概算です。

SIMフリー端末唯一のデメリットは、端末購入価格の割引き設定がないことです。

SIMフリー端末の場合、Appleが設定した端末金額がそのままかかってくるので、割引き等は全くなく、端末代金全額を支払う必要があります。購入時に、Appleが提携するローンを利用することもでき、時期によっては12回や24回の金利手数料0%となるキャンペーンも実施しています。

このように、SIMフリー端末は、端末価格自体は高くなってしまいますが、格安SIMを制限なく自由に使えるので、毎月の通信料金をお得に利用できます。長いスパンで考えれば、格安SIM利用により圧縮された固定費の方が、キャリア購入での端末割引きを受けるよりお得になります。

よって、格安SIMでiPhoneを利用するなら、SIMフリー版で利用することをオススメします!

「iPhone X」のSIMフリー版を購入する方法

格安SIMで利用するならSIMフリー版のiPhoneだと活用しやすいです。
ここからはSIMフリー版の「iPhone X」を購入する方法を解説します。

購入する場所は?

SIMフリー版iPhoneは大手キャリアのように通信キャリアの店舗や家電量販店では購入することができません。

SIMフリー版のiPhoneを購入できるのはApple直営の店舗のみです。

銀座・表参道・渋谷など、全国にあるApple Storeあるいは、オンラインのApple公式サイトで購入することができます。

実店舗であるApple Storeでは、実際に端末を触ったりして体験することや、ストアスタッフがいるので質問したりすることができますが、店舗が首都圏にしか設置されていません。よって、首都圏以外に在住しているユーザーは少し足を運びにくいことがあるかもしれません。

オンラインのApple公式サイトであれば、全国どこにいてもネットさえあれば、いつでもどこでも購入することができ、購入した商品については自宅まで配送されます。これが一番便利な方法でオススメです。

SIMフリー版の価格は?

「iPhone X」のApple Storeでの発売価格は以下のとおり。(価格は税抜)

容量 iPhone X
64GB 112,800円
256GB 129,800円

iPhone Xは64GBモデルと256GBモデルの2つの容量から端末選択をすることができます。

容量の小さい64GBモデルで価格は112,800円、容量の大きい256GBモデルになると129,800円です。

iPhone 8と比較すると約3万円程度端末価格が高く設定されています。

64GBと256GBの容量の違い17,000円の料金差が生じますが、自身にとって使いやすい最適な容量を選ぶことをオススメします!

購入したあと、格安SIMを利用するにはどうすれば良い?

「iPhone X」のSIMフリー端末を購入したら、実際に利用したい格安SIMを選びましょう。
ここで格安SIMを選ぶ際のポイントをいくつか紹介します。

まず、格安SIMを提供しているMVNOで「iPhone X」が使える端末かどうかを確認する必要があります。MVNOによっては、最新の端末は動作確認ができていないといった観点から、動作保証をしていない場合があります。

MVNOで「iPhone X」が対応しているかどうかは、各MVNOの動作確認済み端末一覧に記載されています。こちらは、動作確認ができ次第随時更新されるものです。

格安SIMのプランを選ぶ前提として、そのMVNOで動作する端末なのかどうかをまず調べる必要があります。

動作確認済み端末一覧に「iPhone X」が記載されている場合は、そのままSIMカードのみ契約して、購入したSIMフリー版のiPhoneに差し込めば通信利用できます。

次に、格安SIMを選ぶポイントは通信速度です。

いくら料金が格安であっても、日常的に利用する通信速度が遅いと、ストレスばかり感じてしまい、不満が大きくなっていきます。

もちろん格安SIMなので、大手キャリアよりは通信速度が劣ってしまいますが、限りなく大手キャリアに近い速い回線であり、それでいながら料金が安いという格安SIMを見つけるのがポイントです。

通信環境は、利用している地域や時間帯によっても、大きく影響されるので部分的にみても一概に評価できるものではありません。

長期的な目線でみて安定して速い通信速度が出ているMVNOを見分けることが必要となります。

選ぶ際の重要要素として最後のポイントは料金プランです。

各社によって料金プランはまちまち。さまざまな特徴があります。とにかく業界ナンバーワンの安さを目指す格安SIM、付帯するオプションプランが豊富な格安SIM、複数人で容量をシェアして利用できる格安SIMなど、各社によってさまざまな特徴があります。

各社で提供している特徴的なプランを把握して、一番自分にあった格安SIMを選ぶということが重要です。

【2月26日まで】WEB限定、選べる!冬のトリプルキャンペーンを実施中!!
>>LINEモバイルの公式サイトを見る 

まとめ

SIMフリー端末のiPhoneを購入すると、格安SIMを自由に使えるようになります。格安SIMは毎月の料金が大手キャリアに比べて大きく下がるので、端末代金が高いとしても長い目で考えれば、十分にもとがとれます。

SIMフリー端末の「iPhone X」を購入して、格安SIMデビューしてみてはいかがでしょうか?

[box class=”box16″]

以下の記事では、iPhoneで格安SIMを利用する場合のメリットやデメリット、設定方法やオススメの格安SIMまで、徹底解説していますので、是非参考にしてみてください。

[kanren id=”11860″]

iPhone 8、iPhone 8 Plusの特徴については、以下の記事で解説しています。

[kanren id=”12596″]

[/box]