格安SIMの基礎知識

格安SIMはデビットカード支払いできる?詳細と手続き方法を詳しく解説!

大手キャリアより圧倒的に安くスマホを利用できると話題の「格安SIM」。支払方法としてデビットカードが利用できるのをご存知ですか?

この記事では、デビットカードが利用できる格安SIMの会社と、詳細について分かりやすく説明します。

格安SIMの支払方法の現状

現在、格安でスマホが利用できるとして注目されているのが、「格安SIM」

大手キャリア(docomo、au、SoftBank)と比べ月額料金が約半額以下になるとされています。

そのようなことから、格安SIMに乗り換えてみたいと考える方も多いのではないでしょうか。

大手キャリアから格安SIMに乗り換える際に、「格安SIMはクレジットカード払いなのが不満」という声を耳にします。

その言葉通り、口座振替が当たり前だった大手キャリアと比べ、格安SIMではクレジットカードでの支払いが主流となっています。

では、なぜ格安SIMでは支払方法をクレジットカード払いとするのでしょうか。

クレジットカード払いでコスト削減

格安SIMがクレジットカード払いを提示するのには、理由があります。

それは、リスクを減らし、コストを削減するためです。

口座振替などの支払方法の場合では、支払者の支払い遅延をした場合に、債務振り替えや請求業務を格安SIMの会社が行わなくてはなりません。

なので口座振替などにするとそのような業務全般に関し、時間や労働者が余計に必要となってしまいます。

格安SIMが月額料金の低価格化を実現しているのは、広告・宣伝費や、人件費削減によるものです。

クレジットカード払いで同様の支払い遅延がかかっても、それに対応するのはクレジットカード会社であり、格安SIMの会社側としては余計な仕事が増えません。

よって、想定外の仕事やトラブルを減らし、人件費を最小限に抑えるために格安SIMはクレジットカードでの支払いを強く要求しているということになります。

では、クレジットカード払い以外の支払方法はないのか?

では、格安SIMでの契約の際は、クレジットカード以外の支払方法はないのでしょうか。

答えとしては、NOです。会社によっては、口座振替ができるところもありますし、デビットカード支払いが可能なところもあります。

口座振替ができる会社について詳しくみていきたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

[kanrenc postid=”12502″]

この記事では、デビットカードの支払いについて焦点をあてて解説していきます。

デビットカードでの支払い

そもそもデビットカードとは

デビットカードでの支払いができる格安SIMについてご説明する前に、そもそもデビットカードがクレジットカードとどのように違っているのか、皆さんご存知でしょうか。

それぞれの特徴が以下となります。

  デビットカード クレジットカード
支払方法 即時払い 後払い
支払回数 1回払いのみ 1回払い、2回払い、
分割払い、リボ払い、ボーナス払い
利用可能額 預金口座の残高および利用限度額の範囲内 利用限度額の範囲内(審査の結果による)
キャッシング等借入 不可
海外での引き出し
(預金口座の出金として)

(借り入れとして)
特典 キャッシュバック 各種ポイント

このことから、デビットカードは購入後口座からすぐに代金を引き落とす「即時決済型」であり、使いすぎの心配が少ないカードであると言えます。

表からも分かる通り、デビットカードは支払いが即時払いとなり、利用可能額が預金口座の残高となるためそれ以上の金額を使うことができません。

よって、自分の限度額に沿っての使い方ができるため、無理な支払いなどが行えないようになっています。

普段から、カードをあまり利用しない人、クレジットカードは使いすぎそうで恐いと考えている人は、デビットカードだと非常に安心であると言えますね。

デビットカードでの支払いが可能な格安SIM

ここでは、デビットカードでの支払いが可能となっている格安SIMについてご紹介していきたいと思います。

人気の格安SIMの中でも、現在デビットカード払いが公式的に可能となっているのは、楽天モバイル・Y!mobile・mineoとなっています。

それぞれの詳細についてご説明していきたいと思います。

楽天モバイル

楽天モバイルでは、クレジットカードと同じようにデビットカードでの支払いが可能となっています。

支払手数料もかかりません。

デビットカードは、「楽天銀行デビットカード」、「スルガ銀行デビットカード」のみ可能となっています。

また、クレジットカード払いと同様に楽天で発行する「楽天デビットカード(JCB)」での支払いをすることで、利用料金の1%の楽天スーパーポイントを貯めることができます。

貯まった楽天スーパーポイントは、月額基本料や端末代金に使うことができるため、是非利用をお勧めします。

以上のことから、デビットカードで支払いたいとお考えの人に楽天モバイルは非常におすすめであると言えます。

公式サイト:楽天モバイル

Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile(ワイモバイル)は、購入時の支払額のみデビットカードでの利用をすることができます。

この購入時の支払額とは、端末代金の一括払いなど、初回の請求時に払う金額のことを言います。

支払方法としては、代引き引き換えを選択し、代引き引き換えの支払方法としてデビットカードの選択をすることができます。

なお、キャッシュカードは「J-Debit」というサービスに加盟している金融機関のキャッシュカードのみ利用が可能となっています。

以下がJ-Debitサービス加盟金融機関の一覧となります。

業態区分 会員(金融機関)名
都市銀行 (5行) みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
地方銀行 (64行) (社)全国地方銀行協会
第二地方銀行 (41行) (社)第二地方銀行協会
信用金庫 (264庫) (社)全国信用金庫協会
信用組合 (151組合) 全国信用協同組合連合会
労働金庫 (13庫) (社)全国労働金庫協会
農林系金融機関 (783機関) 農林中央金庫
農協系金融機関(683)
漁協系金融機関(99)
その他 (業態に属さない金融機関) (6行)
(株)ゆうちょ銀行
ジャパンネット銀行
新生銀行
新銀行東京
三井住友信託銀行
SMBC信託銀行

なおJ-Debitサービスの加盟金融機関の詳細については、「日本デビットカード推進協議会」のWEBサイトにて確認を行って下さい。

公式サイト:Y!mobile(ワイモバイル)

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)は、月額料金、オプション料、端末代等まとめてデビットカードの利用ができる会社となっています。

ただ、ホームページにデビットカードの詳細が載っていなかったためチャットにて確認をとったところ、「クレジットカード会社からの承認によりデビットカードの申し込みは可能だが、審査が非常に厳しくなているために審査に通らなかった場合は利用できない」とのことでした。

他会社においても言えることですが、格安SIMの会社は基本的にクレジットカードでの支払いを勧めていて、デビットカードの審査は非常に厳しいと言われています。

なので、デビットカードの申し込みはあまり手軽にできるものではないと考えておいた方が良いかもしれません。

公式サイト:mineo(マイネオ)

まとめ

以上が、格安SIMでデビットカードの支払いができる会社となります。

先ほども述べたとおり、格安SIMでデビットカードの支払いを行いたいのであれば、楽天モバイルが最も手軽なのではないかと思います。

何度もお伝えしている通り、格安SIMの会社は基本的にクレジットカードの支払方法をおすすめしているので、デビットカードについての詳細をあまり公式的に公表していません。

そのような点では楽天モバイルは非常に細かく情報を掲載していると思いますので、事前に支払方法までしっかり調べて契約したいとお考えの方は、楽天モバイルにするのが一番安心できるのではないかと思います。

皆さんもこれを機に格安SIMに乗り換え、お得にスマホを利用してみませんか?