格安SIMの基礎知識

auユーザーの主婦向け!格安SIMへの乗り換えで簡単にできる、ビッグな節約法

家計簿の前で毎月のように頭を悩ませている主婦のみなさん、格安スマホへの乗り換えは大きな節約になるのでおすすめです!

夫婦で乗り換えれば、たった1度の手間で月々5,000円~10,000円の節約がラクラク可能、しかも使用感もほとんどの人にとっては大手キャリアと変わらないです。

格安SIMはどうしてこんなに安いの?

「格安SIM」という言葉、最近よく聞くになりましたよね。しかし、月々の基本料金が1,000円前後といったあまりの安さに「本当に大丈夫なの?」と不安になってなかなか乗り換えられない…という方も多いと思います。

しかし、大丈夫です。その理由をお話しします。

まず、現在契約している会社がauで乗り換え費用をできるだけ抑えたい場合、乗り換え先は主に3社に絞られます。この3社は、auの通信回線を正式な手続きを経てレンタルしています。どちらとも知名度の高い大企業の系列にある、信頼のおける会社です。

また、こちらの3社は、auの通信回線4G LTEプラチナバンドをレンタルしているので、電波の届く範囲はauと同じく広範囲で、建物内での通じやすさもそのままです。(通信速度は少々抑えられます)

そして、低価格の理由ですが、格安SIM事業者の運営には、回線のレンタル料がかかるものの、通信設備のメンテナンスや新設する費用は必要ありません。その結果として低価格が可能なので、決して品質が悪いわけではないのです。

auから格安スマホの乗り換え先は3社

乗り換え費用をできるだけ安く済ませたい場合、今使っているauのスマホを買い替えることなく、そのまま使い続けたいものですね。その場合、格安SIM事業者の選択は現在のところ

  • UQ mobile
  • mineo
  • IIJmio

の3社になります。この3社はauの回線を使ったサービスを提供しています。

今持っているスマホを使い続けられるのであれば、スマホ本体の買い替え費用が節約できるうえ、電話帳データやこれまでのメッセージのやりとりをそのまま残せるので、気軽に乗り換えもできますね。

ただ、乗り換えできない機種もあるので、注意が必要です。iPhoneは使える機種が限られていますが、それ以外のスマホであれば対応している可能性は高いので、公式HPで調べてみましょう。

たまにインターネット上で、「動作確認端末一覧では×だった機種でも乗り換えできた」という口コミ情報が見られることがあります。しかし、専門知識がある方以外は、公式で「使えない」とされている機種は使わないほうが無難です。

変更後すぐは問題なく使えても、数日後に何らかの問題が起きて使えなくなった、という例もあります。その場合は、公式のサポート外になるので、対応は個人で行うことになってしまいます。逆に、スマホ本体の買い替えを考えているのであれば、au回線に縛られる必要はなくなるので、格安SIMの選択の幅が広がります。

格安スマホ会社3社を比較!どんな特徴があるの?

UQ mobileのいいところ:速度が速く快適!

UQ mobileは、auと同じKDDIグループなので、間に業者を挟まないため電波が安定しており、通信速度が速いというところが最大の魅力です。

特にUQ mobileの通信速度は、ドコモを含めた格安スマホ会社の中でも最速。乗り換え直後でも、あまりストレスを感じず、サクサク使えます。

料金プランは、大きく2つ

  • 月間データ容量3GBのプラン980円
  • データ無制限プラン1,980円

さらに、音声通話プラン(普通の電話機能)をつけると、それぞれプラス700円で、計4プランになります。

「mineo」のいいところ:とにかく安い!

「mineo」は、ケイ・オプティコムという関西電力の系列会社が提供している、格安SIMサービスです。インターネットプロバイダとして関西地域の知名度も高く、信頼のおける会社と言えます。

mineoの魅力は、データ容量による料金プランが、10種類と豊富なところです。一番安いプラン(シングルタイプ(音声通話なし)500MB)で、月々の基本料金が700円と大変安くなっています。「スマホはメールの送受信くらいしか使わない」、「日常的にWi-Fiが使える環境にある」、という方にはこのプランがおすすめです。また、同じ住所に住んでいる家族同士で、パケットシェアができる(事前申し込みが必要 /無料)という利点もあります。

「IIJmio」のいいところ:信頼できる歴史ある会社!

「IIJmio」は、元々はdocomo回線を使った格安SIMサービスを提供してきており、安定したサービスが好評です。

MMD研究所が実施している「格安SIMサービスの満足度調査」でも3年連続で満足度No.1に選ばれています。

そんな定評のあるIIJmioが、auから格安SIMへの乗り換えユーザーにもサービスを提供できるようにしようということで、2016年10月1日よりau回線を使ったサービスラインナップを追加しました。

データ容量ってどのくらいあればいいの?

そこで気になるのが、月々のデータ容量の選び方です。

現在自分がどれだけ使用しているかは、auのサイト「auお客さまサポート」

今月の通話・通信料 及び データ通信量ページ

上記のリンク先ページで調べる事ができるので、一度確認してみましょう。データ容量は多ければ多いほどいいと考えがちですが、実際の生活では、必要じゃない方がほとんどです。

データ容量が多く必要なのは、頻繁に動画を閲覧、写真など大きなデータのやりとりを、大量に行うような使い方をする場合です。普通にSNSやメールを使用し、インターネットサイトの閲覧、時々動画を見るといった程度の使用なら、1~3GBで十分です。家にいることが多いなど、日常的にWi-Fiを利用できる環境であれば、500MBでも大丈夫かもしれません。

節約につながる料金プランを選ぶには

人によってスマホの使い方は違うので、一概にはいえませんが、月々のデータ使用量は節約が可能です。auのサイトで確認して、自分に適切なデータ容量のプランを選びましょう。

その反面、音声通話機能は、仕事関連や子どもの学校からの緊急連絡を受けるためにも、できるだけつけることをおすすめします。

結論として、主婦の方におすすめしたい料金プランは、

  • UQ mobile:「データ高速+音声通話プラン 月々1,680円」
  • mineo:「デュアルタイプ500MB/1GB/3GB(月々1,310円/1,410円/1,510円)」
  • IIJmio:「ミニマムスタートプラン 音声通話機能付きSIM 月々1,600円」

となります。どのプランを選ぶとしても、現在auに月々支払っている料金と比べたらとてもお得ですよね。

まとめ

最後に乗り換えの時期ですが、差額を計算すると、auへの違約金や新しいスマホ料金を支払っても、のちのちお得に転じることが多いので、なるべく早く乗り換えを検討することをおすすめします。